小説 ファイナルファンタジーVII On the Way to a Smile

小説 ファイナルファンタジーVII On the Way to a Smile

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

COMPILATION of FINAL FANTASY VIIを小説で発表! 既発表『デンゼル編』『ティファ編』改訂版に加え、『バレット編』『ナナキ編』『ユフィ編』『神羅編』そして『ライフストリーム編』を収録!
※本コンテンツは2009年4月16日に紙で発行した書籍を電子化し、収録したものです。

(C) 1997,2004-2009 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA

ジャンル
出版社
スクウェア・エニックス
電子版発売日
2019年06月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

小説 ファイナルファンタジーVII On the Way to a Smile のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年09月29日

    FFはゲームを友達がやっているのをちらっと見た事があるだけ。あとACの映像は持ってます。
    FF7シリーズではCCがお気に入り。
    キャラやストーリーは知っててとても好きです。
    ゲームやDVD見てる人はあのヴィンセントが…!って思うような作品です。
    私がヴィンセント好きだからかもしれないですが(笑)
    F...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月09日

    FF7ACって結構アクション中心に見せてるので、こういうキャラの紆余曲折みたいなのを読み取れるお話がなんだか嬉しかったです(笑)
    ティファ編がちょっと泣けたなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    FF7終了時からADVENT CHILDRENまでのお話。
    FFシリーズで一番好きな作品ですよ。
    正直ADVENT CHILDRENだけ見ると「デンゼルって誰だ?」、「何で今更油田なんだ?」って話になってしまうので、間を見事補完してくれた作品。
    これを読んでBlu-rayを買ってしまいました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月27日

    気が向いたので手に取ってみた。ヴィンセントとナナキの件は特に面白かったし、ルーファウスの話なんか結構意外な感じだった。昔、大好きだったゲーム作品を今小説として読むと色々と感じることも違って新しい発見があった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月31日

     「FINAL FANTASY VII」から「ADVENT CHILDREN」までの2年間,登場人物たちに何があったのかを描く短編集です。しょっぱなに出てくるのがクラウドでもティファでもなく,FF7でものすごくチョイ役だったジョニーだというところで,FF7ファンとしては心をがっちりとらえられました。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月21日

    現在ff7プレイ中の私
    この小説は淡々と書かれているのでゲームやりつつ理解したとこけっこう多いです
    とりあえずクラウドがあんまり野菜の名前知らないっていうことに萌え…ました…

    ff7作品はAC→CC→本編の順に触れてるので実はあんまりちゃんとわかってないところも多かったり

    セフィロスがすごくスト...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月14日

    痒い所(無印とACの間の2年間)に手が届いた本。コンピ含めFF7が好きなら是非。ACプロローグ収録の2つに加えて他キャラのエピソード、特に神羅のエピソードは歓喜モノだった。様々な評価があるけど、淡白な描写や台詞が逆に個人的にはとても良いと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月31日

    FF7終了からFF7 ADVENT CHILDRENまでのお話。

    FF7の主要パーティの各人物があのあとどんな気持ちで時を過ごしたかを描いている。かなり入り込める作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    FF7からACにいたるまでの各キャラクターの短編集です。
    本編エンディング後、それぞれの葛藤を抱えながらどのように過ごしてきたかがわかりました。

    エンディング後の惨事からACでの星痕までのお話しなので、内容はだいぶシリアス。
    人気作品のノベライズなだけに思い入れのある人ほど受け入れがたいかもしれま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    文章はともかく、FF7好きだったら一度は読んでみたい作品。

    EPISODE:SHIN-RAを先に読むという愚行(苦笑)
    これもやっぱり放置;

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています