女四世代、ひとつ屋根の下

女四世代、ひとつ屋根の下

作者名 :
通常価格 523円 (476円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「大きいおばあちゃま」と呼ぶ曾祖母と「小さいおばあちゃま」と呼ぶ祖母、そして両親と私たち姉弟(きょうだい)。曾祖父と祖父を早くに亡くし、女が四世代。それが中村家の「家族」だった。大家族での暮らし、大好きな父の死、奇跡的な三人目の出産、日本を離れたパリでの子育て。次世代に伝えたい家族の有り様。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2016年05月13日
紙の本の発売
2011年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

女四世代、ひとつ屋根の下 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年09月17日

    中村江里子さんといえば、パリというイメージが
    すっかり定着し、それもハイランクな生活を送って
    いるマダムという、棲む世界が違うヒトと思っている
    のだけど、ルーツが昭和的大家族にあったとは。
    この本では、日本的な家庭生活とフランス式個人尊重
    生活の対比が面白かった。両方の体験が江里子さんを
    創っている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年04月05日

    今までの中村江里子さんの本とは違う江里子さんの新しい一面が見えて好感度が上がりました。ご自分を「不器用」と認めていらっしゃるところや、料理はあまり得意ではないという情報など。でも、とても真面目で学生時代はノートをしっかりとっていたことや、片づけが好きであるという事なども。銀座の十字屋を江里子さんのお...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています