森田療法
  • 値引き

森田療法

作者名 :
値引き価格 539円 (490円+税) 5月26日まで
通常価格 770円 (税込)
紙の本 [参考] 924円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

他人の視線に怯える対人恐怖症。強迫観念や不安発作、不眠など、心身の不快や適応困難に悩む人は多い。こころに潜む不安や葛藤を"異物"として排除するのではなく、「あるがまま」に受け入れ、「目的本位」の行動をとることによって、すこやかな自己実現をめざす森田療法は、神経症からの解放のみならず、日常人のメンタル・ヘルスの実践法として有益なヒントを提供する。(講談社現代新書)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
電子版発売日
2015年10月23日
紙の本の発売
1986年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

森田療法 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年03月14日

    あとがきにもあるように、著者の岩井は末期ガンに体を蝕まれながらも、口述筆記により本書を書いた。
    いわばこれは魂の書である。

    森田療法のエッセンスを踏襲しながらも、独自の考え方を加えながら説明している。
    特に発達論などは森田の説を批判し、環境要因の大切さを述べている。まさに岩井式森田療法だ。
    そのた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月10日

    私は、臆病な人間で、不安で石橋をいつまでも叩き続けて渡れない。
    けれど、人生は、選択しなければ前に進めないし、選択せずに逃避してしまったら、不安を避けることはできるが、目的は達成できずにタイムオーバーだ。
    怖いけれど前に進む選択をすること。そうすることが大切なんだと教えてもらった。
    これからも悩んだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月11日

    興味があったから買ったのに、途中興味を失ったりするフェーズがあってなかなか進まなかった。この本の内容が悪いのではなく、私が読書に集中できない期間があったっていうことです。
    自分の大炎上した心を落ち着けるには、とても有効でした。適度な諦めと、心理的距離をとるのは、ずっと前から私が一番苦手にしていること...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月19日

    病床で視力も聴力も失った精神科医師の、口述筆記による著作。森田療法は神経症の治療のみならず、健康な人の人間的成長や創造的生き方を促進する。苦悩は苦悩としてあるがまま受入れ、逃避せずに目的本意の行動を取ることが、心の健康と人としての自己確立につながるという。自分の弱点を認めつつ、一歩ずつ成長していきた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月25日

    これはすごい本だ。自分が長年抱えてきた生きにくさ、違和感みたいなものがズバズバ解き明かされた。
    自己啓発本をいくら読んでも核心に迫ってないから、全部何となく的外れな感じになるのは当たり前だと思った。
    神経質症は精神病と違い病気ではないこと。逃げるのではなくその特徴をうまく生かしながら生きていかなけれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月04日

    良書。森田療法について書かれてある本を初めて読んだが、これは分かりやすい。というか、難しく文で書かれているとこもあるのだけれども、それがまた真理をついており、グッと心に響く。付箋を用意するか、メモ用紙を用意して読むことをお勧めする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月19日

    ロングセラーだけあり充実しています。内容はシンプルで繰り返される箇所も多いのですが、筆者の壮絶な生き様(あとがき)にも重なるため、説得力があるんです。神経症とはどういうことか……これはやはり完璧主義的なためなのですが、そこには後天的な生い立ちも関わると見ています。完璧な人間を求める現代は「あるがまま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月12日

    とあるブログで紹介されていた
    世界との関わり方が変わる10冊のうちの1冊。

    神経症をありのままを受け入れることにより、
    治療しようとする森田療法の入門書。
    「ありのまま」は「したいようにする」のでは無く、
    「葛藤や苦悩を受け入れて認めること」だとしている。

    坐禅をしていて「足が痛いこれじゃいけな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月10日

    本自体は古いのだけど、今の時代にも充分通用すると思います。

    メンタルヘルスの患者はもちろん、神経質な性格に悩むひとにもすすめられる内容です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月27日

    この分野に興味があり手に取った。発行は1986年、著者はこれを病床にて口頭でまとめたとのことだが、解説が分かりやすく大変丁寧。文章からは著者の人柄と生への情熱がひしひしと伝わってくる。素晴らしい一冊だった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社現代新書 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング