労働2.0 やりたいことして、食べていく

労働2.0 やりたいことして、食べていく

作者名 :
通常価格 1,300円 (1,182円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「やりたいことで、食べていけ!」――“今最も面白い経営者”中田敦彦が説く、好きなことをやって、がっぽり稼ぐ「最強の働き方革命」。『オールナイトニッポンPremium』でも話題騒然! アパレルブランド「幸福洗脳」の戦略もまるわかり。「誰よりも多動し、圧倒的成果を出す彼は、天狗なんかじゃない。“天才”だ」――堀江貴文氏 「すべての成功には理由があって、すべての失敗には原因がある。だから全員にチャンスがある。中田君はそれを教えてくれた。いい本だ!――西野亮廣氏 一つの職種、一つの会社、一つの場所にとらわれないこと。一つの場に「雇われる」だけでなく、「雇う」視点も取り入れ、随時変化と進化をしながら「やりたいこと」を実現させて、食べていくこと。そんな新時代の働き方を、私は「労働2.0」と名付けたいと思います。皆さんはもっと自分らしく、楽しく働くことができます。(「はじめに」より) 〈本書の内容〉はじめに 誰もがやりたいことで、食べていける [第1章]やらされ仕事で、一生を終えるな!――脱・歯車の道 ●最初は組織の「歯車」でいい ●やりたいことが通らない理由は準備不足 ●言われてないことをやりまくるやつが出世する ●優秀な人ほど、超速でノウハウを吸収して辞めていく ●「てっぺん」よりも、自分のいるべき場所に向かえ ●仕事とは、「人に役立つ暇つぶし」 [第2章]「やりがい至上主義」「コンテンツ至上主義」にとらわれるな!――「働き方」にまつわる思い込み ●日本人は「経営者教育」が足りない ●「やりがい」だけでは、いずれ疲弊する ●「損する職人」になっていないか? ●長時間労働はちっとも偉くない ●社会が作り出したイメージを追っても意味がない ●何をやりたいのか? なぜやりたいのか? ●仕事は、いつか飽きる [第3章]「やりたい人×できる人」が奇跡を起こす!――強みの見つけ方と活かし方 ●「人との違い」はすべて才能 ●空腹の状態で自分の「冷蔵庫」を覗け! ●「そこそこ」の個性が組み合わさると、「逸材」に化ける ●弱点は、裏返せ! ●「やりたい人」と「できる人」、君はどちらになる? ●人の才能は、顕微鏡で観察し、ピンセットで分解するように引き出す ●「すごい武器」はいらない。足元の石を拾って投げろ! [第4章]プロ崇拝などナンセンスだ!――“Just Do It.”のすすめ ●お金をもらえたら、その時点で「プロ」 ●やりたいことを言え! 言ったらやれ! ●小さな成功体験の積み重ねが、コンテンツを強化する ●恥をかけ! ●仕事を振る前に、自分で試せ ●商品の質は「ストーリー」でカバーできる ●他業種だからこそ、非常識なアイデアを押し通せる [第5章]時代を読み、利益を生み出せ!――中田式・アイデア発想法 ●毎日の消費行動に、ビジネスのヒントが潜んでいる ●アイデアはすごくない ●SNSでは真実を語れ! ●成功例は素直にリスペクトせよ ●嫌い、苦手? だからこそ、リスペクトだ! ●書を捨てよ、海外に出よ! ●今年はまだ、誰のものでもない [おわりに]――戦士が勇者になる日

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
PHP研究所
ページ数
208ページ
電子版発売日
2019年03月22日
紙の本の発売
2019年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
22MB

労働2.0 やりたいことして、食べていく のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年06月30日

    1年ぶりに読み返してみて、「こんなに深いこと書いてあったの?」とか、前に色々と記録する様に読んでたから「意外なとこに付箋貼ってある」とかとか。過去とのギャップに気付けてしまった。過去の自分に、Good Jobと褒め称えたい笑
    というか、改めて読んだけどめちゃくちゃ読みやすくスラスラと読めて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月19日

    強みを見つけるにも、現状から脱するにも「人の力を借りる」こと!文章に中田さんの熱意が乗りまくっているo(^▽^)o

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月14日

    読みやすいし、やりやすい考え方(≧∀≦)
    Youtube大学の歴史が好きで一時期めっちゃ見てました!
    近畿大学の入学式で話してた話もでてきた…すごい人が世の中にいるものだけど、自分にできることもきっとあるんだろうなと!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月06日

    今の組織の中で出来ることを増やす

    いつかは今の会社を辞めると決める

    自分の才能を見つける為に沢山の人に会いディスられる

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月18日

    著者の中田さんはお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」で大ブレイクされ、多数のメディアに出演されます。

    お笑いの枠にとどまらず、自身が結成された音楽ユニット「RADIO FISH」の楽曲「PERFECT HUMAN」が大ヒット。

    現在はさらに、オンラインサロンやアパレルブランドを立ち上げるなど、経営...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月20日

    この本を読んでハッとした事は、「成功」を1つのプロジェクトを立ち上げ成果を上げて、関わったひとみんなに喜んで貰う事と定義している事でした。
    この意識で、誰と一緒につくっているのか仕事をしようと思いました。
    また中途半端な個性で良い、それらを組み合わせれば良いという事も刺激的です。
    やりたい事をやろう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月18日

    明日やろうは今やろう。
    得意を探そう。稼ぐことから逃げず、JustDoItで生きよう。

    色々と励まされる素晴らしい本でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月19日

    少し前のあっちゃんの本なので、今は随分変わったなと改めて感じます。
    私も全部は読まず、気になるところを拾い読みしただけですが、それでもこの本が、自分のポジションを見直すのにとても役立つ本であることには変わりないと思います。
    ほんと自分にとっての当たり前って才能だと気がつきにくいですよね。

    アメリカ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月02日

    私としてはオリラジの中田敦彦としか知らない彼ですが、正直あまりそれ以外の印象は今までなかったように思います。そんな中出会った本書、断然にいい意味で期待を裏切られました。彼は、常に考え自分で状況を脱しようといつも模索している。人との違いを3つ見つけると自分の価値が見えてくるというもの。納得させられたし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月23日

    「無理でした!」「ダメでした!」
    仕事をする中、そんな声が上がりやすい。
    重要なのは、どうしたらokがもらえるのか。
    ダメの中身を知ることで、okになるかもしれない。可能性を見ている中田さんの視線から、仕事の熱量が伝わってきて、読者に仕事のワクワクを届けてくれます

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

労働2.0 に関連する特集・キャンペーン