1985-1991 東京バブルの正体

1985-1991 東京バブルの正体

作者名 :
通常価格 913円 (830円+税)
獲得ポイント

4pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

なんでもアリの狂乱時代!?空前の好景気「バブル経済」
その時、東京で起こっていた現象と実際の生活、人々の意識とはどのような姿だったのか。

1章 バブルのファッションはなんかおかしい
バブルに沸いた六本木の街
DCブランドとはどんなものだったのか
終わりかけていたボディコン
女性の存在感が増したバブル時代
渋カジが象徴する次世代
今みると妙にダサいバブル時代のファッション

2章 ブーム=必死
イタ飯が定着したバブル時代
スキーとゴルフは全国民の義務だった
スポーツカーの所持は男の最低条件
合コンフィーバーが始まった
イカ天で加速したバンドブーム
パルコが牽引した渋谷のブランド化
「マニュアル」が若者を支配した時代

3章 男も女も恋に狂乱
女と付き合うことが価値の全てだった
ナンパがもっとも盛んだったこの時代
付加価値を付けるための「住みたい街」
バブル時代に「最先端」のデートスポットだった場所は
ひとり暮らしはマストである
結婚式が巨大化していく
女子大生→お嬢様→女子高生 ブームの系譜
コンビニが一気に伸びたバブル時代

4章 24時間働けますか? はい、働きました!
仕事が「遊ぶためにする」ものになった
バブル期のアルバイト事情
フリーターという存在が生まれた時代
すべてが大盤振る舞いだった「経費」
24時間働きますよ
就職活動の狂乱
ジャパゆきさんと接待
風俗産業が輝いていたあの頃

5章 勢いと哀しみのバブルカルチャー
ペレストロイカと希望 そして失望のはじまり
よしもとばななが大ブーム
オヤジギャルと中尊寺ゆつこ
悲劇的な登場となった「オタク族」
ジャンプが500万部を突破

6章 バブル再考・最高・再興
現在とバブル時代はどこが違うか
あの時代にあった精神を再興したい

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
マイクロマガジン社
掲載誌・レーベル
MM新書
ページ数
272ページ
電子版発売日
2018年09月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
59MB

1985-1991 東京バブルの正体 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています