迷子のコピーライター

迷子のコピーライター

作者名 :
通常価格 1,639円 (1,490円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ポスターを作り、街をおこし、UFOを呼ぶ。
広告界の異端児が作る街と広告とその人生。

都築響一 三戸なつめ 推薦

商店街ポスター展の仕掛け人
ポスター296点掲載

ユーラシア大陸横断、就職、病気、挫折、出会い、別れ……。コピーライターという枠を超え、人生の迷子になった著者が、あらゆる違和感と向き合った末にたどり着いた“ある想い”。
商店街のユニークなポスターを制作し、町おこしにつなげる『商店街ポスター展』で注目の著者が、プロジェクトを手掛けるまでの悩みや葛藤、そしてその人生を自身の言葉でユーモラスに綴る。

「新たな一歩を踏み出そう」とする、すべての人に贈る一冊。

都築響一
広告って、いつも上から目線だ。「これがいいんだから買え」みたいな。でも日下くんだけは、いちばん下のほうでうごめいているなにかをぐっと押し上げて、僕らに見せてくれる。
おもしろい広告は、本気でおもしろがってなくちゃできない。どんなに巧妙につくろっても、見るほうにはちゃんとわかるからと、日下くんは教えてくれる。広告業界人にとって、この本はすごく苦い薬か、避けて通りたい正道なのだろう。

三戸なつめ
日下さんとの出会いは衝撃的でした(笑)。
自分の考えの斜め上をいくというか、こういう発想があるんだと。
ただかっこいいとか素敵ってだけじゃなくて、面白さだとか、“超違和感” なところを引き出してくれて、それが今につながっているようにも思います。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
イースト・プレス
電子版発売日
2018年06月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
35MB

迷子のコピーライター のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月27日

    きっかけは先週のセミナーの講師。見た目からしてソラミミスト安斎肇氏を彷彿とさせるアル中風の存在感。流石の電通社員。ぐいぐい引き込まれる話の内容に1人ざわつく俺。

    これなんだよ。いつも自分が感じてた『仕事』に対する考え方。誰にも共感されないんだろうと思ってたこのモヤモヤ感を筆者は見事に言葉で表し、そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月04日

    デアゴスティーニの分冊百科が一冊になった
    ような実に濃厚なテーマを孕んでいて、それがわずか1,782円 って、安いよなぁとつくづく感じた本。

    第1章「旅に出る」は電通の入社直前に「中国・ロシア・
    中央アジア」をバックパッカーとして「何でも見てやろう」と意気込むものの、ロシアにはつれなくされ、
    チベ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています