英単語の語源図鑑

英単語の語源図鑑

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

1単語につき1イラスト! ページをめくるたびに重要単語が頭に飛び込んでくる!!
本書は、「語源」を学び、超効率的に英単語を覚える本です。
「語源」とは、漢字でいう、偏(へん)・旁(つくり)・などにあたるもので、たいていの英単語は、次の3つの「語源」に分解されます。

【例】injection(注射する)
⇒in(中に;接頭辞)+ject(投げる;語根)+ion(もの;接尾辞)
これらの「語根」「接頭辞」「接尾辞」をまとめて「語源」といいます。

ject(投げる)というイメージがつかめると・・・
・projectは pro(前に)+ject(投げる)⇒映し出す
・rejectは re(後ろに)+ject(投げる)⇒拒絶する
・ejectは e(外に)+ject(投げる)⇒排出する などなど芋づる式に語彙が広がります。

このように重要単語を語源に沿って分解し、語源の知識と語彙をイラストを見ながら身につけていきます。
一見、遠回りに思われる学習法かもしれませんが、語源の力によって1万語レベルの語彙が身につくことは、すでに語源研究によって実証されています。


※電子書籍版は2018年7月27日より順次最新版にアップデートしております。それ以前にご購入された方は再ダウンロードを推奨します。

ジャンル
出版社
かんき出版
ページ数
288ページ
電子版発売日
2018年05月23日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
77MB

英単語の語源図鑑 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年06月26日

    個人的には素晴らしい本だと思う

    この本を読んだことで、日本語の漢字の部首を見て意味を判断するように、英単語に対しても語源を元に判断する習慣が付いた

    英単語を覚える際にも語源によるアプローチに効果を感じている

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月10日

    初めて知った単語の覚え方だったので、とても衝撃を受けた。
    英単語も漢字の成り立ちと似た経緯があるのだなあと、英単語に勝手に親近感が湧いた。

    同じ単語のグループごとにページが分けられていて、イラストもわかりやすかった。
    (ただ他の方のレビューにもあるように、数あるうちのほんのいくつかは、イラストと意...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月16日

    英単語を覚えることが検定に合格するために一番大切なことです。その英単語を覚えることがこの本をつかえば簡単に覚えられます。イラストを使ってわかりやすくて見やすいのでどんどん覚えられます。(ひなこ)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月24日

    英単語の語源図鑑。清水健二先生。英語を学習している子供はもちろん、大人にとっても、英単語を暗記するのは最初はひと苦労。でも英単語の語源を理解すれば、暗記が格段にしやすくなります。英単語は語源とセットで覚えることを楽しみながら学べる一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月28日

    ベストセラーの裏側
    『英単語の語源図鑑』清水建二、すずきひろし著
    言葉のイメージを一目で
    日本経済新聞 朝刊 読書 (27ページ)
    2018/9/1 2:00

    ん? と強引な解説が多々あるが、一度覚えると語彙力が格段に向上しそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月09日

    日本的な英語教育では単語を丸暗記させられることが多いが、熟語と同じように英語もいくつかのパーツに分ければ覚えやすい。
    それを図鑑形式でイラストを交えながら纏めた、なぜ今までこれがなかったのか!と思う英語の勉強にはうってつけの1冊。
    ある程度、単語の知識を得てからこれを読むと、あれもこれもこういう構成...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月15日

    わかりやすいといえばわかりやすいが、けっこう強引な解釈もあるかなぁって思いました。これを読んでから知らない単語を見ても、推測できるようにはなりました。合っているかどうかはわかりませんが(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月16日

    英語の理解が進むかなと思い手に取る。TOEIC650の私が読んでも知らない単語も多く、結構な大変さを感じる。図で読みやすいが、同じ単語でも別の意味を持つもの等もあり、理解が深まったようなそうでもないような。。。元々の意味を捉え、ニュアンスの理解は進みそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月17日

    文字ばかりの単語方より図解が多く見易い
    単語の語源がわかると理解しやすく、忘れにくくいもずる式に多くの単語を覚えられて新しい勉強方法だと思う。
    ただやはり難しい単語も多く、きちんと自分の知識と刷るにはそれなりに時間と労力は必要

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月05日

    40年前の出る単、「試験に出る英単語」の再来ですな。接頭語や接尾語から意味を推察する方法を学びました。それを彷彿とさせる。もっと個々の単語の語源を知りたかったのに。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています