猿の眼 僕ノ愛スル器タチ

猿の眼 僕ノ愛スル器タチ

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
紙の本 [参考] 2,200円 (税込)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

歌舞伎俳優・四代目市川猿之助の骨董コレクションを、自身のエッセイとともにまとめた一冊。はじめて買った川喜田半泥子の茶碗やぶち割ってしまった魯山人の徳利、巡業先で求めた唐津茶碗など、思い入れのある品々を写真家・みなもと忠之氏が新規撮影。楽屋で自ら茶筅を振るい、茶を喫する姿も収録。舞台上とは違った四代目市川猿之助の一面を、読者のみなさまにご紹介します。『なごみ』2012年~2013年の連載に加筆して単行本化。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
淡交社
ページ数
144ページ
電子版発売日
2019年02月15日
紙の本の発売
2016年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
105MB

猿の眼 僕ノ愛スル器タチ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年09月04日

    役者としての猿之助は特に好きではないのですが(ごめんなさい)文章のうまさと収集している器に驚き!
    いきなり川喜田半泥子の器とは、まいりました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年04月13日

    骨董蒐集を趣味とする著者が、古田織部作茶杓や北大路魯山人作徳利など自身の愛蔵するコレクションを紹介しながら、その器にまつわるあれこれを綴ったエッセイ集。骨董の世界については門外漢だけれど、美しい写真と著者の骨董愛あふれる文章に引き込まれた。盃を育てるために晩酌するなんてね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています