「おに」と名づけられた、ぼく

「おに」と名づけられた、ぼく

作者名 :
通常価格 1,408円 (1,280円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

●TM NETWORK木根尚登が書き下ろした、いじめ撲滅をテーマにした絵本
●「涙活」発案者の寺井広樹が自身の実体験をベースに原案を書いた心温まる物語

【あらすじ】

「鬼」と名付けられた子どもが学校でいじめにあう。
居場所をなくし不登校になり、命を絶つことを考えた矢先、知らされた名前の由来。
どんな思いで親が名前をつけてくれたのか、どれだけ愛されて、望まれて生まれてきたのかを知ることになる。

ジャンル
出版社
TOブックス
電子版発売日
2017年08月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
47MB

「おに」と名づけられた、ぼく のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年12月12日

    「おに」と名づけられたことから、ユニークな話かなと思えば、実は考えさせられる話。いじめや人間関係、自分について悩んだり、不安になったりする人、こんな思いをしている人、実は多いんじゃないかな。本気で、誰かのために伝えようと書かれた絵本。必読です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月22日

    シーンとしては活き活きしているページが多く、また、個々の絵は素晴らしいのに、物語の体をなしていないのが残念。あとがきにあるメッセージと異なり、結局、主人公の角が取れたことに象徴されるように、本人が変わることが大事という主張になってしまっている。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

児童書 ランキング

1 / 2 ページ