わが家で最期を。~家族の看取り、自分の“そのとき”に後悔しない50の心得~

わが家で最期を。~家族の看取り、自分の“そのとき”に後悔しない50の心得~

作者名 :
通常価格 1,287円 (1,170円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

6pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

住み慣れた家で安らかな最期を迎えるには?

最期のときは、住み慣れたわが家で穏やかに迎えたい。
親や家族もそうして看取りたい。

多くの人の切実な願いは、団塊世代が後期高齢者になり「多死社会」を迎えるこれから、かなえることができるのか?
「できる」、と著者は答える。

わが家での看取りは病院よりお金がかからない。
ちゃんと家で亡くなれば、警察沙汰にはならない。
家族に迷惑をかけずにひっそり死ぬという考えこそ、実はいちばん迷惑。
既婚者で子どもがいたとしても最後はひとりで死ぬ覚悟が必要。
ひとりで死ぬことと、さみしく死ぬことは違う。
長生きすると、ラクに死ねる。
「あの世」はあると思ったほうが人生を終(しま)いやすい。

――など、在宅看取り医として、多くの亡くなった方から教わった大切なことを伝える一冊。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 福祉
出版社
小学館
ページ数
224ページ
電子版発売日
2017年05月08日
紙の本の発売
2017年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

わが家で最期を。~家族の看取り、自分の“そのとき”に後悔しない50の心得~ のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています