2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方

2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【『未来は明るい』と確信しました。】
――キングコング 西野亮廣さん(インタビュー掲載!)推薦!

【人間らしく働くことの本質とヒントがちりばめられている。】
――グロービス経営大学院 研究科長 田久保善彦さん推薦!

あなたの仕事はもっと楽に、楽しく進化する!
働くすべての人の必読書!!

「AIが人の仕事を奪う」「人工知能が進化すると人間を脅かす未来が来る」「AIが人間を超える」というような話題が新聞や雑誌をにぎわせています。あなたもこんな煽りに対して、漠然と焦りや不安を抱いていませんか?
著者は「働き方」の専門家として、のべ1万人以上の方に「人工知能時代の幸せな働き方」というメッセージを伝えてきました。本書では、その経験を活かし、

●人工知能時代に向けて、どう働き方を変えればいいのか?
●どんな能力、スキルが必要になるのか?
●組織のリーダーに必要な能力とは何か?

など、人間として幸せに働くためのヒントを、身近な仕事の事例を交えながら提案します。
働き方は「生き方」でもあります。時代の変化の中、「私たちはどう幸せに働いていくか」について一緒に考えていきましょう。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
かんき出版
ページ数
224ページ
電子版発売日
2017年05月15日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

関連タグ:

2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年08月30日

    第4章で蜂獲り師について紹介がありますが、これが大変興味深かったです。
    目次を見たときは「なぜこの本で蜂獲り師?」と疑問符が浮かびましたが、テクノロジーとの関わりを広い括りで見たときに、この方のような生き方も大切だろうと思いました。

    第2章では①営業・接客、②製造、③技術、④事務・管理……と4つの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月08日

    人工知能時代において、多くの人たちが行うのは、AI自体を開発していくことではなく、「AIを活用して、どんなサービスを開発していくか」を考えること。…そのためにすべき事は3つのステップ。1つ目は「知る」、その次に「使う」、そして最後に「創る」。

    銀行の融資担当者の仕事は「なくなる」のではなく、「変化...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月16日

    AIの活用方法が非常に具体的に説明されていたのはよい。しかしながら、インタビューで取り上げられた3人の方はいかがなものか?ああいった方々を見本として取り上げられても、実際にはなかなか難しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月29日

    人工知能の進化の状況を踏まえて人がどのように進化していけば良いのかを考察し、これからの働き方を展望する読みやすい好著です。「テクノロジーに触れながら、同時にテクノロジーと離れて生きる。」はとても示唆に富んだ表現で、気に入りました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月31日

    人工知能が仕事を奪う。それはある分野では急速に進むが、逆に言うと「人間にしかできない仕事」がより際立ってくるだろう。
    これまた不思議なものだが、人間にしかできない仕事なのに、人間の中で「できる人(得意な人)・できない人(苦手な人)」がいるのも事実だ。
    単純な接客。銀行の窓口など、手続きや作業について...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月15日

    ルールを教えるのではなく、大量のデータを与えて学習させる=機械学習。データは餌。良質な餌があれば賢くなる。
    Imagenetに画像データがある。

    りんな=マイクロソフトのAI女子高生。

    シンギュラリティ=AIが人間の知性を追い越す。2035年、2045年。
    7年ごとに変化が起こる。とすると202...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています