大江戸国芳よしづくし
  • 完結

大江戸国芳よしづくし

作者名 :
通常価格 540円 (税込)
紙の本 [参考] 640円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

鬼才・歌川国芳――その若き日々を描く大反響の浮世絵巻、待望の単行本化!貧しい絵師・国芳と富裕な商人・佐吉。二人の出会いが浮世絵の歴史を変えていく…!!『ひらひら』(文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作)で注目を集める岡田屋鉄蔵が名を改め贈る、華麗なる本格時代劇!

ジャンル
出版社
日本文芸社
掲載誌・レーベル
漫画ゴラク
ページ数
234ページ
電子版発売日
2017年03月29日
紙の本の発売
2017年03月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

「大江戸国芳よしづくし」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年03月08日

SNSの日記で紹介されていて、あまりに面白そうなお勧め分に早速購入してみたところ、全くお勧めにたがわず面白かった。ちょうど先日「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」を観に行ったところでもあったので、作中に登場する人物や絵から展示で観た絵が思い出された。国芳と周りの人物を描いているのですが、話しが面白いうえに...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月22日

『ひらひら』に続いて、国芳師匠と猫たちにまた会えた♪
是非シリーズ化して、生まれてから亡くなるまで全部描いてほしいなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月29日

201704/わー!!!これはすごい!さすが岡田屋鉄蔵(って改名されたのね)!!!この登場人物達、このエピソード群、1巻で終わらせるにはあまりにも勿体ないというかもっともっと読みたい!!!何度もすぐ再読してしまう、これほんといい!!!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月12日

以前にも描いている題材ね。お好きなようで国芳。買い損ねてたんだけど見つけたので購入。
好きな歌にもある「無理矢理生きるのが男」って言う、生き様、情熱を描いた一作。昭和の時代小説を読んだ気分。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,967

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!