地中の記憶

地中の記憶

作者名 :
通常価格 1,782円 (1,620円+税)
紙の本 [参考] 1,980円 (税込)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞受賞作】十五歳と半年を迎える夜、長年近づかないことになっていた隣家の土地に忍び込んだアニー。しかしそこで死体を見つけてしまう。その事件は町の忌まわしい過去を掘り起こし、アニーと家族の生活まで脅かす……二十世紀半ばのアメリカ南部を舞台にした巧緻で濃密なミステリ

ジャンル
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ・ミステリ
ページ数
376ページ
電子版発売日
2017年03月15日
紙の本の発売
2017年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2018年01月26日

     1936年テキサスにおけるアメリカ最後の絞首刑。実際に起きたその題材をもとに、作者は全く別の絞首刑を中心とする南部ミステリーを作り上げる。南部と言えば、ジョー・R・ランズデール、ジョン・グリシャムなどの印象が強いが、このローリー・ロイはまさにテキサスの農地に根付いた家族たちの物語を、土地に纏わる土...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月08日

    ミステリを期待して買ったのに違うじゃないかーーと、途中で投げそうになった。
    アメリカの田舎が舞台の時代小説ぐらいに思って読んだら別印象だと思うので残念。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年11月22日

    この世界に入り込むまでちょっと時間がかかった。女が結ばれる相手で人生が決まる時代。ジュナはそれを拒んだのだろうか。男だって女を選び違えると、とんだ目にあうけど。処刑された者が地上に出てこないように、うつ伏せに埋めるって、ゾッとする慣習。死者の名誉の回復は?デイルの死に責任ある者は罰を受けたのか?

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています