小さな会社でぼくは育つ

小さな会社でぼくは育つ

作者名 :
通常価格 1,485円 (1,350円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

小さな会社で働く魅力はズバリ……!
中小企業は「安定していない」「しっかりした研修がない」「人材不足」という声も多々あるが、小さな会社で働くメリットとして、一人の責任が大きく、やりがいを感じやすいことが挙げられる。
大企業と比べ、成長するチャンスがたくさん転がっているのだ!
そんな中小企業という場のメリットを享受するための力の付け方を経営学者の神吉直人氏が伝授する。

こんなことが分かります▼
・仕事に取り組む基本の姿勢
・仕事のスピードアップ
・忙しい先輩との付き合い方
・チャンスが突然やってきたときの心得
・迷惑をかけてしまったときの振る舞い
・後輩への指導、リーダシップ
・一気にレベルアップする方法

「大企業=安定?」の時代にありそうでなかった、小さな会社で成長するための秘訣がわかる!
「中小企業で働きたい」「もっと主体的に仕事をしたい」など、働くことをポジティブに捉えられるようになる1冊。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
インプレス
掲載誌・レーベル
しごとのわ
シリーズ
しごとのわシリーズ
ページ数
225ページ
電子版発売日
2017年02月07日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

関連タグ:

小さな会社でぼくは育つ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年02月07日

    神吉さんの初の著書。神吉さんの人柄がにじみ出るような、優しい感じの文体です。

    もちろん中身はちゃんと根拠に基づいていて、非常に勉強になります。小さな(?)大学で働く私にとっても、非常に考えさせられる内容です。

    「当たり前のことを当たり前に」というのがいかに難しいか。そのことをよく考えたいなと思い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月24日

    小さな会社で働いているので、題名に引かれて読んでみた。小さな会社は小回りが利くためニッチな対象に対応できたり、細やかな動きが必要な社会問題への関与にも向いている。一方、「いろいろできるのが楽しいし、いろいろありすぎてしんどい」ところもある。また責任のある仕事を幅広く体験できる可能性があるし、トップと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月17日

    NPOから中小企業に少し視点をずらしたつもりでしたが、「なぜ○○で働くのか?」から「どのように働くのか?」にテーマが移ってしまい、当惑しながらも納得できることが並んでいました。
    ただ、自分としては「なぜ」をさがしているだけに、その分の物足りなさがあったのが残念でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月22日

    大学生・若手社会人向けの仕事に対するあるべき姿が書かれた本。やさしい文章でありながら、納得することが多い。章が進むごとに内容レベルが進む。後半章は考えさせられる点が多く、何度も読み直したいと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月19日

    大企業は0.03%・中小企業は99.7%から始まったので大企業と中小企業の比較かと思いきや、そこからはどう働くかというテーマに移っていった。就活生、社会人一年目が読むには良さそう。内容自体は他の社会人一年目向けの本と大して変わらない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月29日

    日本の99.7パーセントを占める中小企業。
    まずそこに驚きです。
    新聞やCMに出てくる大企業は0.3パーセントとは。

    だから、日本の社会を支えているのは中小企業であることは間違いないです。
    ということが書かれています。
    それに加えて、中小企業で学べることなど自己啓発的要素もありました。
    なかなか心...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月16日

    同じ小さな会社で働いているので興味があり読んでみましたが、あまり内容は入ってこなかった。新人が読むには良いかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月16日

    日本に存在する企業のうち、大企業は0.3%にすぎないとのプロローグから始まる。
    「仕事=金」なのか。「大企業は安定」しているのか。仕事をしていく上で必要なこと、考えるべきことは何なのか。中小企業だからこそ、そこに個々の裁量の大きさや、人間として成長できるフィールドがあるのではないか。中小企業で働くけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月18日

    中小企業で働いているので、興味を持って読んでみた1冊。読んでみて、特に中小企業だからというわけでもなくどこで働いている人も意識していい事柄がいくつかの章立てで書かれた1冊だったなということでした。もっと「小さな会社だからこそ」はあるように感じているけど、著者が小さな会社で働いたことがないのか、あって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年03月21日

    中小企業においては、顔の見える関係で仕事をしたり、顧客の反応をダイレクトに受け取ったりすることができるなど、自分の存在意義を感じ、たしかなやりがいを味わいながら働くことができる可能性がある

    いろいろできるのが楽しいし、いろいろありすぎてしんどい

    経営コンサルタントの小宮一慶氏は、「散歩のついでに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

小さな会社でぼくは育つ の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています