迷うは君の世界1

迷うは君の世界1

作者名 :
通常価格 759円 (690円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

Twitterフォロワー数8万人超! 
手塚治虫、吾妻ひでお、楳図かずお、ジョージ秋山、つげ義春・・・古き良き昭和のマンガテイストを現代に受け継ぎ話題沸騰! 
今『コミカワ』で人気・実力ともにNo.1の作家が、自身の新境地となるホラーに挑戦。 
『今日の漫画』(ナナロク社刊)、『臆病の穴』(秋田書店刊)、『アオキヒビハ。』(KADOKAWA刊)のファンはもちろん、ホラーマンガ好きにも必読の一作。
(あらすじ)ある山の中の一軒家に住む男のもとに、今日も人間が迷い込む。
退屈しのぎにと、男が語りはじめるのは、聞き手自身にまつわる、恐ろしい夜話だった。
迷い込んで恐怖夜話を聞くことになった者たちの運命は……。
長編と短編を織り交ぜたオムニバス形式。
連載第11話までの内容に加え、単行本限定のエピソードも収録。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
主婦の友社
ページ数
192ページ
電子版発売日
2017年01月06日
紙の本の発売
2016年12月
サイズ(目安)
66MB

関連タグ:

新刊オート購入

迷うは君の世界1 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年12月27日

    史群アル仙の作画に原作・脚本が入ったホラー漫画。昭和の貸本ホラーと現在の実話怪談を掛け合わせたような迫力がある。同じような題材の実話怪談がないわけでもないが、それを史群アル仙の描線で表現すると、とにかく怖い。カラスヤサトシの怪談漫画に近いが、もう少し壊れかけたような異様な迫力がある。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています