犬やねこが消えた  戦争で命をうばわれた動物たちの物語

犬やねこが消えた  戦争で命をうばわれた動物たちの物語

作者名 :
通常価格 1,222円 (1,111円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

戦争では、多くの犬や猫も犠牲になった。愛するペットを殺されるとわかっていて差し出さなければならなかった人々の悲しみは、今も胸に深く刻まれている。著者はその記憶をたどりながら、戦争という狂気の時代がどんなものだったのかをつきとめていく。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
児童書 / よみもの
出版社
学研
ページ数
120ページ
電子版発売日
2016年12月16日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
21MB

犬やねこが消えた  戦争で命をうばわれた動物たちの物語 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年12月30日

    『犬の消えた日』その後。
    戦時中に犬を供出させられた人、供出させた人、
    供出させられた犬たちが実際にどう使われたのか、
    そして犬だけではなく猫も供出対象だったという事実。

    当時は追い切れなかったそれらへの取材結果を
    1冊を通して「旅」になぞらえてまとめてあり、
    『犬の消えた日』より
    さらにわかりや...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    戦争中、飼い猫・犬は「供出」させられた。
    そのことを知った著者は、詳しいことを知る人たちの証言と証拠を集め始める。

    …撲殺を逃れようとしたたくさんの猫たちがしがみついている「猫の木」が、猫の震えでふるえている…
    この描写を、私は一生忘れられないと思う。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年08月23日

    児童書、なのですがノンフィクションとしてカテゴライズしました。

    今年も戦争を思う終戦記念日が過ぎましたが、夏休み中ということもあって戦争関連の自由研究や感想文の資料として本をお子さんに勧めることがままありましたが、実はこの本はノーマークでした。

    戦争そのものについてとっかかりにくいお子さんでも犬...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています