はじめての花色配色テクニックBOOK:色の与えるイメージ、効果、器との色合わせから基礎理論まで

はじめての花色配色テクニックBOOK:色の与えるイメージ、効果、器との色合わせから基礎理論まで

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「色の初心者」にもわかりやすい、色の超入門書!

色の持つイメージ、効果は、それぞれの色によって異なります。色合わせというとセンスありきなイメージもありますが、ただ感覚的に色をとらえるだけでなく、色が与える効果や色彩基礎理論から理解をしていれば、より効果的な色の組み合わせをすることができるはず!
たとえば同じピンクでも、黄色味のピンクは柔らかく女性的なイメージ、青みが強いピンクはモダンで大人っぽい印象。花に落とし込んで考えると、黄色味のピンクの柔らかさを引き立たせるために、ふんわりとした質感のバラをメインに丸いフォルムにアレンジし可愛さを強調。合わせる葉物もシルバー系で優しげに。青みのピンクは規則正しく花を配置し、シンメトリーで都会的な印象を強調。このような色ごとの印象の違いの解説から、それぞれの色の特性を生かすことのできる花材選びと、フラワーアレンジメントのデザインなど「花ならではの配色テクニック」を具体的に説明します。「色の初心者」にもわかりやすい、色の超入門書!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
趣味・実用 / 園芸
出版社
誠文堂新光社
ページ数
128ページ
電子版発売日
2016年11月18日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
118MB

はじめての花色配色テクニックBOOK:色の与えるイメージ、効果、器との色合わせから基礎理論まで のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年03月17日

    色別に花が紹介してあり、テーマカラーでのアレンジなど分かりやすく全編カラー写真できれいではありますが、初心者向けの本ではないような気がしました。
    パッと見た感じ、プレゼント用のかわいいとかキレイと思うより「芸術的だなぁ」と感心してしてしまう感じだったからです。
    花のさばき方、生け方ものっていないので...続きを読む

    0

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 趣味・実用

趣味・実用 ランキング