未来につなげる地方創生 23の小さな自治体の戦略づくりから学ぶ

未来につなげる地方創生 23の小さな自治体の戦略づくりから学ぶ

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
獲得ポイント

11pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「地方創生」の歴史はここから始まる。
内閣府 地方創生人材支援制度の第一期派遣者たちによる
地方創生のリアルな現場の克明な記録。

2015年。人口減少を食い止めるため、国は「地方創生」に本格的に乗り出した。「地方再生」ではなく「地方創生」と銘打ったのは、これまでにない発想で新しい地方の姿を模索し、つくり上げることを目指しているからだ。この地方創生の目玉施策の一つが、「地方創生人材支援制度」である。中央省庁、民間企業、大学から、多様な能力と個性を持つ69人が結集。彼ら派遣者(日本版シティマネージャー)たちは、夢と希望と、いくばくかの不安を抱きながら、人口5万人以下の小さなまちに、それぞれ着任した。本書は、この派遣者たちが地方で見たこと、感じたこと、取り組んだことの克明な記録。地方創生のリアルな現場が描かれている。

地方創生の音頭を取った、石破茂・前まち・ひと・しごと創生担当大臣は、本書でこう述べている。「今回の地方創生に失敗したら、日本が滅びると本気で思っているからです。この人ならば、きっと地方を変えてくれる。そんな私たちの強い思いが、派遣者、自治体にも伝わったのではないでしょうか」。並々ならぬ国の危機感を背に受けながら、派遣者たちはどんな手を打ったのか。ぜひ、多くの人にその取り組みを知ってほしい。地方創生の歴史はここから始まるのだ。

【主な内容】
第1部  地方創生 全国で何が起きたか?
第2部  地方版総合戦略づくり 9人の仕事術
第3部  ジャンル別戦略づくり 11人の仕事術
第4部  第1期派遣者7人が語る座談会

ジャンル
出版社
日経BP
ページ数
224ページ
電子版発売日
2016年10月07日
紙の本の発売
2016年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
17MB

    Posted by ブクログ 2017年08月15日

    シティマネージャー1期生と自治体の取り組みが23の事例とともに記載されている。
    あくまで地域主体であり、継承させ根付かせていく努力が必要。
    思いつかない切り口ばかりで非常にためになった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています