幻聴は、他人には聞こえなくても、本人にとっては紛れもない事実である。「神のお告げ」を聞く人もいる。了解不能と切り捨てるのではなく、ヒアリング・ヴォイシズの視点から幻の声の正体を探っていく。対処方法も紹介するとともに、脳科学の知見から幻聴のしくみを解明する。

ジャンル
出版社
中央法規出版
ページ数
214ページ
電子版発売日
2016年06月17日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

幻聴の世界 ヒアリング・ヴォイシズ

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年02月16日

タイトルから、幻聴体験の事例がたくさん載っているのかなあと期待したが、「はじめに」にあるように、精神疾患に対する偏見を少しでも解消したい、多くの人に理解してほしいという思いで編集されていて、紹介が多く、事例は少ないと感じた。
まず「空耳」や「お告げ」との類似性から「幻聴」とは何かを紹介。オランダでは...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?