雨の下の君に捧ぐ

雨の下の君に捧ぐ

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

順風満帆、今が楽しけりゃそれでいい。毎日をだららだらと適当に送っている美容師・二戸島由有(にこしまゆう)の快適な生活は、ある日、店の異動を命じられ激変する。異動先には、二戸島が最も会いたくない先輩、橋本すばるがいるのだ。 「いつも楽そうにやってたお前が、困ってる姿を見るのは楽しい……いいザマだな」 『美容師界の王子』と呼ばれ、メディアでも人気絶頂のすばるは、何故か「王子」の仮面を二戸島の前でだけ外す。地味で暗かった過去とまったく違い、傲慢で美しく変貌したすばるに、過去の「秘密」を握っている二戸島は、巧みな飴と鞭で翻弄されてゆき――。

ジャンル
出版社
竹書房
掲載誌・レーベル
ラヴァーズ文庫
電子版発売日
2016年04月08日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

雨の下の君に捧ぐ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年07月07日

    うーん、受け攻めどうなのかな、イラストミス?もっとヤンチャ系をいじってほしかったかなぁ。隙が足りない。屈折しすぎて微妙ですが、仕事の話がしっかりしてるの良いことです。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年02月26日

    この作家さんは人間らしい人間を書く印象。攻め受けの予想を裏切られるのが好きじゃないので、気楽に手は出せないけど。この話は軽めながら、新しい職場で苦労する攻めの気持ちが分かりやすくて、感情的に理解できるものがあった。反対に受けは全く理解出来ない。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年05月26日

    初読みの作家さんです。原宿のエッジーなサロンで仕事もおもしろくて和気あいあい過ごしてきたのに、青天の霹靂、銀座のリラクゼーション系サロンに異動になってしまった美容師の二戸島。そこで店長を勤めるのは、今をときめくカリスマ美容師、キラキラルックスにとろけるような微笑み、王子様の異名を持つ橋本すばるだった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

同じジャンルの本を探す

雨の下の君に捧ぐ ページトップヘ