同性パートナーシップ証明、はじまりました。 渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法

同性パートナーシップ証明、はじまりました。 渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法

作者名 :
通常価格 1,080円 (税込)
紙の本 [参考] 1,836円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

今年2015年11月5日、渋谷区・世田谷区で同性パートナーシップ証明の交付が始まった。
渋谷区では一組。世田谷区では七組のカップルが証明書、あるいは宣誓書受領証を受け取った。

日本で初めての同性パートナーシップ制度はなぜ、どのようにして生まれたのか。
渋谷区では、池山世津子(渋谷区教育長)、岡田マリ(渋谷区議会議員)、栗谷順彦(渋谷区議会議員)、桑原敏武(前渋谷区長)、杉山文野、長谷部健(現渋谷区長)、松中権の各氏、世田谷区では、上川あや(世田谷区議会議員)、西川麻実、保坂展人(世田谷区長)の各氏にインタビューを行ない、同性パートナーシップ制度が生まれるまでを追いかけた。

また、渋谷区・世田谷区で証明書の交付、宣誓書受領書の交付を受けるには、どのような手続きが必要か。
渋谷区で必要な合意契約公正証書とはどんな項目で作ればいいのかなど、詳細に解説する。

さらに、渋谷区の条例、条例にいたるまでの議事録の抜粋まとめ、世田谷区の要綱、そして世界の同性婚の動向など、一連のパートナーシップ制度に関わる資料類も掲載。

ジャンル
出版社
ポット出版
ページ数
288ページ
電子版発売日
2015年12月25日
紙の本の発売
2015年12月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2016年04月07日

渋谷区と世田谷区それぞれで、同性パートナーシップ証明制度が施行されることとなるまでの(個人のエピソードを含んだ)大筋と、実際にその制度を利用するための手引。この制度には様々な人の様々な想いや願いが詰まっているのだな、と感慨深くなった。LGBTを多様性の問題と捉える人と、人権問題として考える人、そんな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play