子どものまま中年化する若者たち 根拠なき万能感とあきらめの心理

子どものまま中年化する若者たち 根拠なき万能感とあきらめの心理

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

幼児のような万能感や自己愛を引きずる。異性より親が好きで、いつまでも親離れしない。周囲には認められたいけれど、そのために努力するのは面倒で、日々ささやかに幸せに暮らせればいい――今、そんな、子どもの心のまま人生をあきらめきった中年のように生きる若者が増えている。なぜ先進国の中でもとりわけ日本で、このような変化が起きているのか? 子どもから青年までの若年世代を30年以上ウォッチし続けた精神科医による、衝撃のレポート。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎新書
電子版発売日
2015年08月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

関連タグ:

子どものまま中年化する若者たち 根拠なき万能感とあきらめの心理 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年08月17日

    現在の若者の特徴を、時代背景とともに説明している。 題名の”中年化”がネガティブな印象を与えているものの、現代に生きるために必要なものをうまく使っている若者達の良い面も指摘している。 
    すでに時代遅れで、若者批判に回った中年こそ読んでもらいたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月06日

    最近の若者は、、、いったいどうなっているんだ、、、論は、
    遥か昔から繰り返されてきたものですが、その結論は、だいたい「けしからん」です。
    あまり建設的なやり取りとは、言えません。
    人間の社会は万事、変化があって、その変化のど真ん中にいる若者と、
    もう変化できない人達の差異と違和感が、若者論を作り上げ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月16日

    真摯に自分の道を模索する若者がいる一方で、著者の指摘するような若者は確かにいる。大人の側から見てとらえどころがないのである。反射的反応、エネルギーの低下と著者はとらえているが、何が若者をそうさせるのか。若者の「若さ」はどこに行ったのか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月28日

    メモしたいところ
    親元から離れない現象:
    ・「インビジブル・ファミリー」:直訳すると「見えない家族」。親と子の世帯が歩いていける距離に住むのを「隣居」、片道30分以内にすむのを「近居」。こういった形態で緩やかにつながりながら、経済的・精神的に支えあうような家族の形。若者は身近なところから動かなくなっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月27日

    言ってることは確かに実感としても感じる。他人との関わりをめんどくさいと思うのは最近の若者の特徴なのか…。その結果前頭葉の働きが低下したというのは悲しい。もっと人に興味を持とう。ただし数値としてデータを出してくれないので、老人医師による誇張説を排除できない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月05日

    タイトルに惹かれ購入。前半のデータを用いた若者の分析は面白く読めたが、後半以降の著者の主張については違和感を感じる箇所が多分にあった。臨床をされている精神科医というフィルターを通じて直近の世代を考察するという1つの視点を得ることができたので、一読の価値はあると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月07日

    今40代である私が今の若者を見ても、外で遊ばなくなったこととか、校内暴力とか不良というグレた子どもを見かけなくなったことなど感じておりそのとおりだと思う。ただ、親に大事に育てられ、反抗することもなく育てられた結果、自己愛が増幅し、会社で嫌なことがあっても他人のせいにし、会社を簡単に辞めるというのは今...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月16日

    心理臨床という世界から見た若者の姿を拡大解釈して現代の若者論に当てはめているように感じる内容であるが、あとがきにおいて、冷たくない筆者の若者に対する意識を読めて少し安心した。ただし、いくつかの視点は非常に参考になった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月27日

     たいてい読んでてムカつく、おっさんが書く「最近の若い者は」論である。
     あーハイハイ、おしまい。だと読んだ意味ないから、なるほどな~という新しい視点だけ書き出しておこう。

     「時間感覚が断片化しており、長期的なプランがない」この時間間隔の断片化というのは新しい視点だと思った。
     確かに、小学生の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年08月25日

    こどものまま中年化する若者たち

    現代の若者はこの二極に分かれる。「植物化する男子」「くらげ化する女子」
    「植物化する男子」とは動く範囲が狭く、人とそれなりの距離を取り、木津つくのを恐れ、自分の世界からでようとしないような男子を指す。
    「くらげ化する女子は」目の前の相手だけに反射的な反応をし、断片的...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています