豊科の運送会社社長・福沢正澄が、刺殺死体となって発見された。正澄は山から帰宅したところを襲われたと見られるが、同居する父親・寛文も姿を消していた。福沢家がこの地に移ってきた38年前に、何が起きたのか。父子の「過去」を追って、伊勢・志摩に飛んだ刑事・道原伝吉の捜査が、事件の発端となった驚愕の事実を明らかにする! 名匠が描く傑作長編推理!

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2015年06月26日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

伊勢・志摩殺人光景

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年10月26日

いつもはさくっと読める道原伝吉シリーズだが
なぜかこの本は休み休みでないと読めなかった。

結末があまりにも荒唐無稽で吃驚だ。
そんなに都合よく現金を掻っ攫えるんならいいな(爆)。
最初の殺人の容疑者が特定されただけで
捕まらないで終わったような気がするのは気のせいか(笑)。

このレビューは参考になりましたか?