マンガでやさしくわかる生産管理

マンガでやさしくわかる生産管理

作者名 :
通常価格 1,408円 (1,280円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

製造ラインで勤務していた主人公さとみは、会社から生産管理を担当するようにと命じられます。
さまざまな壁にぶつかりながら、「生産計画」「生産手配」「進捗管理」という3要素を改善していこうとするさとみ――。
ある日、設備不良によって納期遅れが発生しそうになって……。
人・材料・設備をムダなく活用する手法=生産管理を、このジャンルの第一人者である著者とマンガによって解説します。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
日本能率協会マネジメントセンター
ページ数
208ページ
電子版発売日
2015年01月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
51MB

マンガでやさしくわかる生産管理 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年11月04日

    ・工場で新規に生産できる限度のことを「生産余力」という
    ・生産計画を立てるときは生産余力の範囲内で立てる。生産計画は、本来の生産能力から生産予定済み分を差し引いた余力で行われる。この予定された仕事のことを「生産負荷」という
    ・生産計画の内容を月日で表すと「日程計画」、仕事の量で表すと「負荷計画」
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月11日

    製造業における「生産管理」を広く浅く解説した本。
    章ごとにマンガと解説がワンセットになっていて取っつきやすかった。

    生産管理に配属されたけど「セーサンカンリって、そもそも何なの???」とハテナだらけだった自分にはちょうど良い入門書だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月01日

    中小文具メーカーの工場での生産管理について、任命されたマネージャーが新たな管理手法をどんどん取り入れていきながら、その手法について解説していく形式の本。
    実務的な内容がメインで、理論は最終章で少しだけ紹介される程度。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています