東京膜
  • 完結

東京膜

作者名 :
通常価格 528円 (480円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

まく【膜】物質の表面を覆っている皮。臓器・組織を覆い隔てる細胞層。ワレワレにとっての 膜 とは……? 住まいは人を映し出す。あなたはどんな部屋に住んでいますか? 未体験! 間取りまんが『東京膜』3部作ほか、読み切り『9時から5時までのチャコ』『たんの3兄弟』『リビングルーム』を収録。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
YOUNG YOU
ページ数
219ページ
電子版発売日
2014年10月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
38MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2009年05月07日

    渡辺ペコさんの「東京膜」というマンガをジャケ買いした。
    絵とタイトルとデザインが好みだった。
    得てしてこうゆう場合は大抵当たりなのだ。
    気に入りました。
    こうゆう静かな叙情を携えたものは好きだ。

    あとね、
    女子にしかわからない機微な感情が描かれているものは、
    もう無条件で好きです。

    マンガに限ら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2008年10月29日

    すこしずつ、だけどずっとやさしくドキドキする漫画。

    都会に移り住んでけっこうたつけど、けっこう悪くないなあとおもったのでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2007年05月24日

    読んでとても納得してしまう漫画。
    絵の雑さ(ラフさというのか!?)も良い。
    漫画なのに短編小説を読んだ気分になる。さらっと軽くて読みやすいやつね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2006年03月13日

    QJのレヴュで見かけて衝動買い。
    ネオアコ?ギターポップ?
    スピッツ好きの人とか好きそう。
    ばっちりファンになりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2006年02月05日

    「恋愛体質でもないし
    勝ちとか負けとか モテとか
    そういうのすごく どうでもいい
    だけど今日
    例えば
    東の空 彼方に光る 夏の大三角形や
    駅から家まで 600mの帰路
    15m前方を 横切る猫
    30cmとなりの 君の上腕二頭筋
    あぁ ちくしょう なんだよ
    すっごく いいじゃんか こういうの」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月29日

    短編集。
    1つ1つのエピソードは感慨深いモノがあり、心に残る。面白かった。

    個人的には「たんの3兄妹」が好きです。兄弟や親との距離感が絶妙。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月30日

    ☆3.5。同一テーマ(という程強い縛りではないが)でまとめた短編集。これフクマさんが推薦してくれたやつだったっけな?こういう細かい心理描写はなかなか男には描けないよなぁ、と思いながら読む。一方で画はスピリッツとかモーニング系で男性でも読みやすい。実際、にこたまはモーニング・ツーで連載してるのか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月23日

    どの短編も面白かった。暗すぎず脳天気すぎず、でも前をむいて歩いて行く普通の女の子達。頑張れ~って応援したくなるんですよね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月17日

    ともだちに、この本に出てくる女の子がわたしっぽいって言われてよんでみました。
    廊下が長くて、よっぱらってお部屋までいつもたどり着けない女の子のはなしと
    3兄弟のおはなしがとても好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2007年11月26日

    何かの雑誌で紹介されてたか何かで、興味もったんだったような。あと、間取り漫画っていうのに惹かれてなんとなく買いました。こう、「ふふっ」って笑ってしまうギャグセンスが好きです。あと、ざっくりした線がなんともいえないいい雰囲気。人の表情もいい。ゲーーー!って顔とか。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「東京膜」に関連する特集・キャンペーン