人は生きる 矢作教授『人は死なない』が啓示する生きるための知恵

人は生きる 矢作教授『人は死なない』が啓示する生きるための知恵

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

本書は、小社刊『人は死なない』の著者、矢作直樹教授への数回にわたるインタビュー、および『人は死なない』をはじめとする教授の著作を資料として、編集部が独自にまとめたものです。 内容構成は、仏教用語である「生老病死」を借用し、人生を四つのステージに分けて、『人は死なない』で論述された「摂理」と「霊性」に対する認識をベースに、それぞれのステージを探求しています。 本書が、『人は死なない』同様、読者にとって生きるための癒し、そして勇気をいささかでも供する書となればこれに勝る喜びはありません。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
バジリコ
ページ数
224ページ
電子版発売日
2014年09月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

人は生きる 矢作教授『人は死なない』が啓示する生きるための知恵 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年07月31日

    東大医学部救急医学分野教授の矢作直樹氏の「人は死なない」の続編、というか補足解説書的な本書。
    「人は死なない」は物凄く面白く感銘を受けたので、続編っぽいような「人を生きる」は否応なしに購入。
    編著は出版会社のバジリコ編集部であり、前作の「人は死なない」の矢作さんには数度インタビューを行い編集部で書き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年08月07日

    矢作教授の『人は死なない』の内容と同教授へのインタビューを踏まえて、同書の編集部が、人が生まれ、老い、病をえて、死を免れない中で、いかに・よりよく生きるのかを考えながら、関連する情報を整理した本。
    あえて人生の苦しみから目を逸らすことなく、きちんと受容するうえで参考にしたい内容だった。ただ、人生は苦...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています