森野先生とボク
  • 完結

森野先生とボク

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
紙の本 [参考] 607円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

フシギいっぱい。女流SF小説家・森野先生の
ゆるゆるふわふわ微日常ショートコメディー!

ここに、一対の人間関係がある。小説家と編集者だ。
むろんのこと、小説家は小説を書く。編集者はソレをもらう。
=本ができる。シンプルで当たり前な関係だ。
翻って本作のこの二人、そう簡単にはゆかない。
面倒を生じせしめているのは、
小説家・森野氏がすこし美しいこと、だいぶ不思議であること、
そして…とんと書かないこと。さて、どうなりますことやら。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスピリッツ
ページ数
240ページ
電子版発売日
2014年11月03日
紙の本の発売
2014年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
39MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2015年08月10日

    SF作家の森野先生のところに日参する新人編集者。先生のところでは、いろんな不思議なことが起こったり、思わぬ展開になったりして、結局、いつも仕事とれずに終わる。これ、センス・オブ・ワンダーあふれてて、好き。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています