※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

2014年2月17日に第一子を出産した高島彩。34歳で初妊娠し、妊活から、妊娠後、そして出産まで本人の日記をベースに綴った感動エッセイ。働く女性として、妊娠後をどうしていくか。妊娠の報告はどういう風にするのがもっとも周りに負担にならないのか、妊娠初期の心配事や、妊娠中期に調べたことなど。一人の女性が不安や期待にゆれる様子は、20代、30代の働く女性や、これから妊娠・出産を目指す女性たちに必見です。また、日記の日数は妊娠周期に合わせて表記しているので、妊婦の方々にはさらに日常がとても分かりやすくなっています。そして、高島彩本人が訪れたパワースポットやマタニティーライフで役に立つファッションや実用グッズもご紹介!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川マガジンズ
電子版発売日
2014年06月03日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

彩日記 ―Birth―

Posted by ブクログ 2015年05月10日

高島彩さんの妊娠出産日記。喜びも不安もありのままに綴った飾らない文章に共感を覚え、母性溢れる優しさに涙しました。一度4ヶ月で赤ちゃんを流産しているようで、そのときの文章には胸が締め付けられました。今はとても素敵なママになっていて憧れの存在です(*^^*)役立つ情報もいっぱいの素敵な一冊でした。

このレビューは参考になりましたか?

彩日記 ―Birth―

Posted by ブクログ 2015年01月24日

高島彩さんの出産日記。
日記の言葉が綺麗で丁寧でとても読みやすい。
芸能人の出産日記って全く興味がなかったけど、高島さんのは読んでよかった。
御主人の北川さんも彩さんに寄り添って、夫婦で悲しい経験を乗り越えて本当に素敵な夫婦だなと思った。

このレビューは参考になりましたか?

彩日記 ―Birth―

Posted by ブクログ 2014年10月03日

大変な思いで妊娠・出産を経験された高島彩さん。
悲しい出来事があったことはこの書で初めて知り、心が痛んだ。
誰もが経験することでありながら、想像もしていなかった出来事に驚き、哀しみ、不安、喜び、希望と様々な感情を巡らせる。
読むうち、自分自身も忘れかけていた感情が所々でよみがえり、不覚にも目頭が熱く...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

彩日記 ―Birth―

Posted by ブクログ 2014年09月27日

高島彩さんの出産日記。
思っていたよりも出産日記要素が強かったので、わたしにはもっと先の内容でした。
それにしても、三十五歳くらいのひとにはとても見えない。

このレビューは参考になりましたか?