人というのは恐ろしいものなのだと、改めて思い知らされたのが生涯最後の日だった――  最初は面白半分だった。死者が書いた日記なんて、サイトにあるただの都市伝説だと思っていた。夫と友人に裏切られ殺されたサエカが書いたという『死後日記』。彼氏の優汰と親友の芽衣の仲を訝しく思っていた高校1年生の朱里は、読み進めるうちに日記にのめり込んでいく。真実を映す井戸、教室を彷徨う幽霊、生贄を求める慰霊碑。 ――そして朱里が日記と現実の奇妙な一致に気づいたとき、真の恐怖が始まった。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
掲載誌・レーベル
魔法のiらんど
電子版発売日
2014年05月29日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

死後日記

Posted by ブクログ 2015年02月03日

この作家さんは『呪い遊び』で懲りて「もう読まんとこう」と思ってたけど、この本は物凄く気になり購入。
初期に比べて文体が良くなってて引き込まれた!この本は当たり!機会があれば他の本もまた読んでみようと思った。

このレビューは参考になりましたか?