三年寝太郎を擁して日本全国出前公演をうとうとした宇野重吉一座の芝居にかける意地を綴った旅日記。

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2014年04月11日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

宇野重吉一座 最後の旅日記(小学館文庫)

Posted by ブクログ 2017年09月04日

宇野重吉の最後の公演日記を日色ともゑが書いた本です。宇野重吉の演劇にかける情熱、とりわけセリフへの徹底したこだわりが素晴らしいです。

このレビューは参考になりましたか?