ぜんぜん酔ってないと豪語して、著者は毎夜毎夜酒場へ繰り出し、酔人と出会い、自らも酔いの深みへと足を突っ込んでいく。今度はどんな酔態が見られるか。すべての酒呑みに捧げるホロ酔いのエッセイ集。

ジャンル
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
電子版発売日
2014年03月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

まだまだ酔ってません 酒呑みおじさんは今日も行く

Posted by ブクログ 2018年10月28日

"大酒飲みの日常生活を赤裸々につづるエッセイ第二弾。
今回は、泣かせる逸話もいくつかあります。
祥月(故人の死んだ当月)という言葉をご存知ですか?私は本書で学びました。ただの酔っ払いではありません。人の良さがにじみ出る文書なので、嫌味がない。
これほどの酒豪に付き合えるほどの体ではありませ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

まだまだ酔ってません 酒呑みおじさんは今日も行く

Posted by ブクログ 2013年06月21日

大竹本、酔ってませんシリーズの第二弾が早くも登場。

大竹さん、飲みまくります。
前作よりも、激しく飲んでいます。

大体にして、さんざん飲む~解散後一人で飲む~またどこかで飲む~
朝まで飲む~始発で行ったり来たりする~また次の日も飲む(もしくは
競馬、当然その後も飲む)というパターン。
吉祥寺から...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

まだまだ酔ってません 酒呑みおじさんは今日も行く

Posted by ブクログ 2013年07月22日

前作「ぜんぜん酔ってません」から少しも進歩して無くてよかった。
前回からの新しさは少ないがこれからも新刊が出たら買い続けたい。

このレビューは参考になりましたか?