ただひとつの光

ただひとつの光

作者名 :
通常価格 628円 (571円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

中学生で黒田組組長に拾われ、今やいっぱしのヤクザとなった池上蓮人。ところが、園児たちのママに人気の保育士・小野日向には敵わない。互いに高校生として出会った頃から、蓮人がどんなに邪険にしても「好きだ」と口説き続ける日向――知らずかけがえのない存在になっていた彼を己の人生に巻き込みたくない蓮人だが、恩ある黒田が凶刃に倒れ……!?

カテゴリ
BL
ジャンル
BL小説
出版社
幻冬舎コミックス
掲載誌・レーベル
幻冬舎ルチル文庫
電子版発売日
2014年03月14日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

ただひとつの光 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年03月30日

    蓮人のツンデレの塩梅が絶妙。実は「蓮(ヤクザ)」で某超人気小説を思い出しつい買ってしまったのですが正解でした。クライマックスの運びに「??」という点があり☆4にしましたが、個人的にやっと理想に近いツンデレをかいてくれる作家さんに出会えた気がしてうれしい。他のもどしどし読んでみます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月07日

    [保育士×ヤクザ]

    保育士をいう職業だけあって
    警戒心を解く根気良さを身に着けている。
    またはその逆でもある攻め。
    読み始めた時は凄い大作かと思ったが
    ヤクザものだけあってハードでした。
    そっちに気をとられてあんまり感動できなかった。
    もう少し日向に焦点があてられていれば凄い感動したかも。
    とか思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています