世代や個性の違う多くの作家たちを魅了した珠玉の作品を厳選

1925年から1932年に活躍した日本の小説家、梶井基次郎。肺結核を患い31歳の若さで逝去。結核の療養先でも、川端康成や広津和郎と親近し創作を続け、わかりやすい描写と詩を思わせるような作風が特徴となっています。初めての創作集「檸檬」を刊行した翌年没しています。短編群約20作品を発表していますが、没後次第に評価が高まり、現在は近代日本文学では古典として親しまれています。本書にも収録されている『檸檬」は、日本文学の傑作として多くの作家たちに「珠玉の名品」と評価されている『檸檬』をはじめ、『城のある町にて』『冬の蠅』の3作を厳選。著者・梶井基次郎の類い希なる描写表現をじっくりと味わいましょう。

【目次】
檸檬
城のある町にて
冬の蠅

ジャンル
出版社
ゴマブックス
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。