宇野常寛プロデュース、期待の大型新人初の著書! 『ジェスチャー』『コント55号のなんでそうなるの?』『8時だョ! 全員集合』『オールナイトフジ』『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』『ねるとん紅鯨団』『ダウンタウンのごっつええ感じ』『水曜どうでしょう』『シルシルミシル』などテレビ黎明期から現在までのバラエティ番組の変容を追いながら、芸人とアイドルばかりがテレビに出演するという独自の発展を遂げた戦後日本のテレビ文化を読み解く。

ジャンル
出版社
大和書房
ページ数
400ページ
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

「テレビリアリティ」の時代

Posted by ブクログ 2014年02月01日

テレビの黎明期から
最近の話題まで

とってもつまらないメディアに落ちぶれている
テレビが輝いていた時もあったと
おもいだした。

このレビューは参考になりましたか?

「テレビリアリティ」の時代

Posted by ブクログ 2014年01月12日

テレビリアリティ=双方向性 戦後の民主主義が発端

ブロックバスター

コント55号 不条理演劇 論理、倫理を振りかざす欽ちゃん、善良な市民としての二郎さん

ブレヒト 異化効果
観客に架空の世界への没入を妨害し、物語として解決がなさそうな劇を提示することで、観客に劇の解釈を促す手法。解釈という行為...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「テレビリアリティ」の時代

Posted by ブクログ 2014年01月02日

戦後民主主義と視聴者参加型の双方向コミュニケーション。やらせとリアリティ。ドキュメンタリーとバラエティとホームドラマ。ひとつの側面からしか。

このレビューは参考になりましたか?