※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

電子回路は複雑そうに見えても、実は基本的な事柄を押さえて、それを組み合わせるだけであることは、あまり理解されていません。本書は、基本的な理論や部品の知識、応用である演算回路まで徹底してやさしく解説します。

本書では、電子回路における基本的な事柄として、半導体部品のしくみ、電子回路で使われる基本的な理論、いろいろな部品、増幅回路や応用である演算回路、そしてコンピュータの基礎となるデジタル回路などを取り上げます。内容は古いものもありますし、新しいものもあります。しかし、基本と考えられる事柄をカバーしたものになっていますので、本書に書かれている内容がある程度理解できれば、電子回路の世界をのぞき見ることができるでしょう。本書を読むことで電子回路に興味をもち、未来のすばらしい製品を創意工夫するエンジニア(技術者)を目指していただければと思います。

ジャンル
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
イチバンやさしい理工系
ページ数
168ページ
電子版発売日
2014年02月07日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

「電子回路」のキホン

Posted by ブクログ 2013年01月03日

情報処理試験のエンベデッドスペシャリストの周辺知識を得るために購入した本。電子回路について全くわからなくても、この本を読めば、電子回路以前の問題である、中学高校で習うような電磁気的な基礎知識、電気回路関連の素子、半導体関連のダイオード、トランジスタ、オペアンプなどの機能、アナログ回路やデジタル回路に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?