普段あまり飛行機に乗らない人からすれば、「何がそんなに問題なの?」という感じかもしれません。でも、経済状況が低迷し、国内の市場だけに頼ってもいられない今の日本にとって、航空ビジネスの充実は避けては通れません。また、海外ではLCCと呼ばれる格安航空会社が市場を席巻し、飛行機の利用がますます身近になりつつあります。経済・社会問題と結びつく航空ビジネスをわかりやすく解説します。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 中経出版
掲載誌・レーベル
中経出版
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

図解 これからの航空ビジネス早わかり

Posted by ブクログ 2010年09月11日

JAL破綻、LCCの参入、地方空港数問題など、航空業界は変革の時を迎えている。本書ではメディアからの断片的な問題点の裏にある本質的な問題を教えてくれる。

JALの内情については、「沈まぬ太陽」や新聞、雑誌なので明るみにされている。 これらは主観的な視点で書かれていたり、枝葉末節な論議になっている...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?