我々はどこへ行くのか  あるドキュメンタリストからのメッセージ
作者名 :

1巻配信中

価格 1,425円 (税込)

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

世界を駆けめぐり、NHKスペシャルを150本も作った日本を代表するドキュメンタリストの本。
──世界をこれだけのスケールで見つめたドキュメンタリストは、ほかにいない。
──世界をこれだけのスケールで描いた本は、ほかにはない。
私たちは毎日、あらゆる出来事についての膨大な報道に接する。だが、膨大な断片になった報道にいくら接しても、私たちは世界を知ることはできない。世界観を持てない私たちは、場当たり的な反応だけで世界と接し、次第に孤立を深めている。
私たちはなぜ、世界を知らなければならないのだろう。
日本が世界のなかで存在感を示せず、漂っているのはなぜだろう。
そのなかで生きる私たちひとりひとりの孤独感や浮遊感は、どこから生まれてくるのだろう。
日本の置かれた現状と、私たちが抱えている心もとなさは、同じ根っこから発生しているのではないだろうか。
膨大で断片的な報道は、世界観を持つことができない私たちの有り様をそのままに表している。
報道とはなにか。
世界を理解するとはどういうことなのか。
私たち人間はなにを求めて生きているのか。
世界で起きたあらゆる事件を語りながら、川良浩和は、同時にそれを読者に語りかけている。
いま、これだけのものが書けるドキュメンタリストは、どこにもいない。

ジャンル
出版社
径書房
ページ数
316ページ
電子版発売日
2014年04月11日
紙の本の発売
2006年07月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

我々はどこへ行くのか  あるドキュメンタリストからのメッセージ

Posted by ブクログ 2010年02月07日

「NHKスペシャル」と言えば、NHKの看板番組。
この企画制作に17年間かかわり150本もの番組を制作、国内外で多くの賞を受けた番組プロデューサー川良(かわら)さんが、ドキュメンタリストとして発信した1冊。
一時テレビを排除して来ました・・・。でも、ちょっと考えが変わりました。

背筋が凍り、涙し、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

我々はどこへ行くのか  あるドキュメンタリストからのメッセージ

Posted by ブクログ 2007年05月01日

聖書 エジプトで迫害された民が神に示された約束の地に向かう。その道中、さまざまな過ちが起き、神の逆鱗に触れる、時が経つにつれ、今日の人間社会や国家の原型が出来上がる。特定の登場人物で構成されるドラマと違い、無数の群像がありとあらゆることを展開する。さまざまな欲望が渦巻き、収拾がつかなくなる。そこで、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?