英治たちは、廃校になる小学校を「幽霊学校」にする計画を立て、おばけ屋敷に迷路を造る。ところが、本物の死体を発見、凶悪犯との大戦争! 『七日間戦争』の続編!! つばさ文庫書きおろし、大人気ぼくらシリーズ第5弾!【小学上級から ★★★】

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川つばさ文庫
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ぼくらの学校戦争(角川つばさ文庫)

Posted by ブクログ 2013年01月15日

・ちょっと怖くてビックリすることがあるので、とてもいいです。
・このぼくらシリーズのおもな内容は、中学生たちが悪い大人たちにいろんな罪を与えるという内容です。とても中学生がやるとは思えないほど、すごい罪をやります。一度でいいから読んでみてください。
・解放区を作ったり、天使ゲームをしたり、クラスメイ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ぼくらの学校戦争(角川つばさ文庫)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年09月26日

中学2年、1学期。菊池英治、相原徹たちは自分たちの卒業した小学校が廃校になり、もうすぐ取り壊されると知る。そこで、英治たちは小学生の前川有希たちと、学校をオバケ屋敷、迷路をつくる計画をたてる。ところが、本物の死体を発見してしまい・・・!?
ぼくらのシリーズ5冊目。いつものように、ぼくらVS悪い大人の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?