嘘  猫

嘘  猫

作者名 :
通常価格 432円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

住み慣れた大阪を離れ、東京の広告代理店で働き始めたアサグレ青年。六畳一間の安下宿にある晩、転がり込んできた一匹の肥(ふと)った猫は、翌日、5匹の子猫を産んで――。慣れない東京での生活に、生まれたての子猫まで抱え、アサグレ青年のてんやわんやの毎日が始まった……。懐かしくも愛(いと)おしい猫たちとの不思議な日々をリリカルに綴(つづ)る、著者初の自伝的青春小説!

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2013年11月19日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2010年07月25日

読み終えた今、「嘘猫」というちょっと変わったタイトルがじんわりと胸にしみてきています。おもしろくもやがてちょっぴり哀しい、著者の若い頃のある一時期のおはなし。「猫好きのかた必読!」と断然言い切れる作品です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2007年12月02日

元コピーライターの小説家、浅暮三文のエッセイ。あれ?エッセイだったっけ??途中でエッセイであることを忘れてしまうほどストーリー性に満ちています。笑いあり、涙あり(?)でユーモラスな浅暮節が存分に発揮されています。エッセイはちょっと…という人、そして猫好きな人にお勧めしたい一品です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2006年01月21日

自伝的青春小説
1984年、24歳の僕はコピーライターとして働くため、上京した。
持ち物は原稿用紙と国語辞書の入ったアタッシュケースと、毛布、下着、数着の着替えだけだった。
住まいは荻窪のアパート。
6畳の畳しかない部屋の天井には、なぜか靴の足跡がついていた。
梅雨のある日、いつものように窓辺の棚板...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月06日

読みやすい。ああ、猫ってそうだったなあっていうほのぼの観察ストーリー。猫を飼いたくなった。作者が猫好きなことが分かりほほえましく読める。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play