日本痘苗史序説

日本痘苗史序説

作者名 :
通常価格 3,300円 (3,000円+税)
獲得ポイント

16pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

■主要目次■
まえがき
I.日本における痘瘡の防遏
 1.人痘種痘法導入以前の状態/2.人痘種痘法導入以後の痘瘡対策
II.牛痘種痘法に関する情報と対応
 1.各国からの情報/2.牛痘苗の国内探索/3.牛痘苗作出の試み/4.牛痘苗の輸入運動
III.日本に輸入された牛痘苗の由来と伝播
 1.中川五郎治の用いた痘苗株/2.久蔵がロシアから持ち帰った痘苗/3.モーニケの斡旋により舶来した痘苗/4.ポンペの使用した痘苗/5.ボードウィンの斡旋により舶来した痘苗/6.その後明治年間に輸入された痘苗
IV.痘苗の伝達と保存
 1.人伝牛痘苗/2.再帰牛痘苗(再帰痘苗)/3.牛伝牛痘苗/4.牛痘種継所の変遷/5.牛化人痘苗/6.精製痘苗/7.鶏卵痘苗
V.第二次大戦後の日本の痘苗
 1.痘苗基準の告示/2.種痘接種率の低下/3.S.S.マレニコワの発表/4.リスター株の採用/5.弱毒痘苗株の探求/6.定期種痘の廃止/7.WHOの痘瘡根絶計画の成功
VI.痘苗の毒作用
 1.種痘の副作用/2.種痘副作用への対応
VII.牛痘種痘に用いられたウイルスと牛痘ウイルス 附.グリース
 1.ワクチニアウイルス/2.牛痘ウイルス/3.グリース
VIII.人類は再び痘瘡に襲われることはないか
 1.痘瘡ウイルスの残存/2.痘瘡ウイルスと区別し難いホワイトポックスウイルス/3.サル痘ウイルスによる人の感染/4.結び
附表1.日本における最近100年間の痘瘡患者数及び死亡者数
附表2.痘苗関連年表
人名索引
事項索引

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 医学
出版社
近代出版
ページ数
200ページ
電子版発売日
2013年08月09日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
71MB

日本痘苗史序説 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

添川正夫 のこれもおすすめ