青木俊直のどこでもiPad Proゆるゆるおえかき術

青木俊直のどこでもiPad Proゆるゆるおえかき術

作者名 :
通常価格 2,090円 (1,900円+税)
紙の本 [参考] 2,200円 (税込)
獲得ポイント

10pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

マンガ家 青木俊直のiPad Pro イラスト制作活用法と発想術!

「あまちゃん」のファンアート(あま絵)でも知られるマンガ家・青木俊直さんのiPad Proを使用したデジタルマンガ・イラストの描き方と、iPad Proを持ち歩いて外で絵を描くことのメリット、さらにちょっとしたことから「妄想」を広げていく独特の発想術をご紹介する本です。

iPad ProはApple Pencilとの組みあわせでマンガ制作が容易になりました。青木さんはアイデアスケッチからマンガの根幹となるネーム作り、下書き、ペン入れにまで活用しています。アプリとしてCLIP STUDIO PAINTとProcreateを用いたマンガ制作のプロセスを、青木さんならではの「ゆるゆるマンガ」で解説していきます。

青木さんは自宅ではパソコンで制作を行う一方、外で仕事することも多い「ノマド型クリエイター」です。iPad Proを常に持ち歩き、移動中に浮かんだアイデアを素早く絵に描いたり、ヒントになるものを見つけたらメモやスケッチ、写真に残しています。アニメやゲームのキャラクターの仕事では、打ち合わせ中にその場でiPad Proで絵を描いて提案することもあります。iPad Proの「どこでも描ける」魅力を伝えていきます。

身近なテーマから発想し、時にはダジャレや言葉遊びから「妄想」を膨らませる青木さんの発想術も本書の見どころです。多くの人の共感を呼んだファンアートは、登場人物への愛情と観察眼に支えられています。また毎年開催している個展でもその「妄想力」が発揮されています。そうした発想のヒントについてエッセイ形式で紹介していきます。

ともにiPad Proユーザーである漫画家の内藤泰弘さん、寺田克也さんとの対談も掲載。同業者ならではの制作話も必読です。

【Contents】

1章 青木式・デジタルイラストテクニック解説
対談 内藤泰弘×青木俊直
2章 青木俊直の仕事
3章 青木式・いつでもどこでも描ける術
4章 青木式・妄想世界の構築術
対談 寺田克也×青木俊直

カテゴリ
雑誌
ジャンル
趣味・スポーツ・トレンド / 趣味・生活
出版社
玄光社
ページ数
144ページ
電子版発売日
2019年05月22日
紙の本の発売
2019年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
98MB

青木俊直のどこでもiPad Proゆるゆるおえかき術 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年07月23日

    2019/07/11


    「あさがきた」「ひよっこ」のファン・アートみてましたよ
    iPadを購入する後押しとなりました。
    イラストの描き方もさながら、絵柄が大好きなので
    参考にもなったし、学ぶことも非常に多かった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています