こんな朝日新聞に誰がした?

こんな朝日新聞に誰がした?

作者名 :
通常価格 1,012円 (920円+税)
獲得ポイント

5pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

二人はいずれも朝日新聞OB。それぞれ『崩壊朝日新聞』(長谷川氏)と『ブンヤ暮らし三十六年 回想の朝日新聞』(永栄氏)という著作がある。この二人が、慰安婦報道などに見られた、誤報虚報だらけの「朝日新聞」にメスを入れる。こんな堕落した言論機関になった諸悪の根源、ガン細胞は、歴代社長・幹部社員たちの「平和ボケ」「左翼リベラル」「反知性主義」にありと、古巣をめった斬りにして論駁する。抱腹絶倒&一読賛嘆の「朝日新聞血風録! 」

『崩壊 朝日新聞』を出して、朝日関係者から「晩節を汚さないでください」と言われたり、
「ゴロツキ」視されても、全く辛くない。「ゴロツキ」、光栄じゃないか…(長谷川熙)

朝日にはタテマエ優先というか、現実にはありえないユートピア、青い鳥を追いかけるような記者がやはり多い。
だから知識人といわれる人から支持される…(永栄潔)

はじめに エリック・ホッファーと長谷川さん 永栄潔

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
ワック
電子版発売日
2018年12月21日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

こんな朝日新聞に誰がした? のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています