インザケージ
  • 完結

インザケージ

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【オメガを巡る兄弟の執着愛】元カレ〈兄〉+今カレ〈弟〉×不憫な学生。ドラマティックに綴られる、愛憎渦巻くトライアングルラブ。――“エリートアルファ達に愛され、翻弄される。”幼馴染であるα・衛司(えいじ)と恋人同士のΩ・陽(はる)。しかし由緒ある家柄の衛司には婚約者がいて、何かと後回しにされていた。落ち込む陽の前に、初恋の人で衛司の兄でもあるα・廉司(れんじ)が現れる。彼は陽に「迎えにきた」と告げ――。 複雑に縺れた三角関係の恋の行方は…!?本能と理性の狭間で揺れる、禁断のオメガバース。

ジャンル
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
掲載誌・レーベル
THE OMEGAVERSE PROJECT COMICS
ページ数
228ページ
電子版発売日
2018年03月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
68MB

インザケージ のユーザーレビュー

    購入済み

    最高

    やまこ 2018年11月11日

    まさに理想の漫画でした!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    you 2020年07月28日

    なんかため息のでる話でした。いい意味で。すごって感じでした。執着ですね。執着って凄いな。でも、嫌いじゃあないです。好きかな。とりあえず、もういちど読んでみます。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    買ってよかった

    るー 2020年03月16日


    一途、溺愛を一気に教えてくれる感じ。
    私もこんなふうに愛されたいなんて
    思ってしまった

    虐げられてきた陽が幸せになったのが
    嬉しい。

    続きあったらみたい

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    makotan 2020年02月09日

    切なくて泣けるお話。キュンもいっぱい。最後も良かったですー絵もキレイだしストレス感じず、読めました。何回も読みました。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    攻がツボ

    2019年11月26日

    冒頭の幼少期の時点で、くっつくなら兄の方がいいと思っていたので、その後の展開とスーパー攻様な兄が個人的にツボでした。歪んだ魂の番に捕まっていく主人公がかわいそかわいくて、読んでてドキドキしました。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    やよ 2019年11月12日

    溺愛とはこういうのを言うんだなと。
    私の知ってる溺愛を超越しました。よかったです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    325hrkyun 2018年03月28日

    いい意味で想像してる話そのままという感じでした。絵も綺麗だし、切なさもありました。
    でも、何か物足りないと感じてしまったので星4で…
    どうにもこうにも主人公が不憫で仕方ないという感じですね。
    でもこれぞオメガバースって感じがあってよかったと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    これぞΩバース!!!

    まいぷ 2020年07月07日

    Ωをめぐる二人のα。 しかもαは実の兄弟。
    うむ。良き!!
    ストーリーの流れも良かったし、これぞα!とゆうのも良かった(*^^*)
    またこの作品でΩバースの良さを知って好きになったのは言うまでもない☆

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    意外と

    man 2020年02月24日

    エロが少なかった。兄弟のアルファがオメガを取り合う三角関係でした。どっちとくっつくんだろと先の読めない感じにドキドキしました!!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    初左藤さなゆきさん

    ちょこみん 2019年11月22日

    プリフェクトの〜がよかったので、こちらも気になって購入。キレイな絵柄だからか思ってたより大人しい運びでしたが、お兄さんかっこよかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています