別冊Discover Japan GOLF 世界に誇るニッポンのゴルフツーリズム

別冊Discover Japan GOLF 世界に誇るニッポンのゴルフツーリズム

作者名 :
通常価格 1,500円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

家から遠い。時間が長い。料金が高い。
ニッポン中のゴルフ場が苦戦をしている。
「それに比べるとスループレーのアメリカは…… 」
「どうせだったら開放的な海外リゾートへ…… 」
という声に過剰反応し、ニッポンにある多くのゴルフ場で
「アメリカ化」、「簡略化」が進んでいる。
ゴルフが気軽で手軽で身近なものになっていく。
もちろん裾野が広がるのは喜ばしい流れではある。
しかし、それと同時に、ある懸念に駆られる。
「ニッポンのゴルフのよさが失われているではないか」
ニッポンのカレーを食べて、
「こんなのは紛い物だ! 本場インドとは違う! ! 」と
講釈を垂れる人はいないだろう。確かに本場とは異なるが、
日本の気候や日本人の趣味嗜好に合わせて
独自の進化を遂げたニッポンのカレー。
ゴルフもある種、似たような側面があるのではないかと。
ニッポンのゴルフには、ニッポンのよさがある。
手軽なスポーツになるのはよいことだが、
たとえば9人対9人の野球がなくなり、
どこでもできるキャッチボールだけになってはいけないのだ。
思うに、ニッポンのゴルフらしさは、
じっくりと時間をかけるという点にあるのかもしれない。
カップにボールを入れることは、
ゴルフの楽しみのほんの一部に過ぎない。
名門倶楽部のメンバーたちが、ゴルフよりもむしろ
クラブライフを愉しんでいたことからもわかるように、
ゴルフにかかわる時間すべてがゴルフの楽しみだ。
そういう意味では、ゴルフをテーマに旅をすることが、
ニッポンらしくゴルフを楽しむための一策なのかもしれないと思うのだ。
(本誌プロローグより)
※本誌は独自取材をしたものをベースに、『トリコガイド伊勢志摩』、『別冊Disocover Japan ニッポンのリゾート&名宿』の写真を一部加えて編集したものです。
※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

ジャンル
出版社
エイ出版社
ページ数
146ページ
電子版発売日
2017年04月10日
コンテンツ形式
EPUB

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play