おいらん姐さん 第1巻
  • 完結

おいらん姐さん 第1巻

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

遊女の世話や雑用をしながら、遊女という生き方を学んでいく「禿(かむろ)」と呼ばれる少女たち。彼女たちが自分の姐さん方を「オイラん姐さん」と呼んだことから「花魁(おいらん)」という言葉が生まれたとか――江戸時代、吉原に栄えた遊郭・「新嬉楼」で、「地獄太夫」の異名を取り、大人気の橋立花魁。彼女の座を脅かす唯一の存在、「仏御前」と呼ばれる護法(みのり)太夫。それぞれの付き人、なみじ、しのまで巻き込んでのライバル対決の軍配は、果たしてどちらに……!?お江戸の哀歓あふれる日常を描いた、吉原遊女ロマン。町人が、武士が、いきいきと生活していた時代が甦ります……!!

ジャンル
出版社
実業之日本社
掲載誌・レーベル
漫画サンデー
ページ数
206ページ
電子版発売日
2012年10月05日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
37MB

おいらん姐さん 第1巻 のユーザーレビュー

レビューがありません。

おいらん姐さん のシリーズ作品 全5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • おいらん姐さん 第1巻
    完結
    遊女の世話や雑用をしながら、遊女という生き方を学んでいく「禿(かむろ)」と呼ばれる少女たち。彼女たちが自分の姐さん方を「オイラん姐さん」と呼んだことから「花魁(おいらん)」という言葉が生まれたとか――江戸時代、吉原に栄えた遊郭・「新嬉楼」で、「地獄太夫」の異名を取り、大人気の橋立花魁。彼女の座を脅かす唯一の存在、「仏御前」と呼ばれる護法(みのり)太夫。それぞれの付き人、なみじ、...
  • おいらん姐さん 第2巻
    完結
    遊女の世話や雑用をしながら、遊女という生き方を学んでいく「禿(かむろ)」と呼ばれる少女たち。彼女たちが自分の姐さん方を「オイラん姐さん」と呼んだことから「花魁(おいらん)」という言葉が生まれたとか――江戸時代、吉原に栄えた遊郭・「新嬉楼」で、「地獄太夫」の異名を取り、大人気の橋立花魁。彼女の座を脅かす唯一の存在、「仏御前」と呼ばれる護法(みのり)太夫。それぞれの付き人、なみじ、...
  • おいらん姐さん 第3巻
    完結
    橋立花魁が駆け出しのころの姉女郎・玉藻が亡くなり、橋立花魁に残されたのは遺髪と硬く封をされた手紙だった。その手紙を読んでからの橋立花魁には、奇行が見聞きされているが、本人は全く覚えがないと言う。橋立花魁に狐が憑いているという噂の真偽を確かめて欲しいと頼まれた、若梅となみじは……。お江戸の哀歓あふれる日常を描いた、吉原遊女ロマン。町人が、武士が、いきいきと生活していた時代が甦り...
  • おいらん姐さん 第4巻
    完結
    自分で料理した食事を売りにしている変わり種花魁・朝雲には、本気だと言ってくれる侍・出部がいるが、自分に自信のない朝雲は出部の本気を信じられずにいた。数日後、接待で来た吉原で朝雲が男に侮辱されたことに対し、出部が朝雲を守るため刀を抜こうとしたのを見て……。お江戸の哀歓あふれる日常を描いた、吉原遊女ロマン。町人が、武士が、いきいきと生活していた時代が甦ります……!!
  • おいらん姐さん 第5巻
    完結
    橋立花魁の衣替えをしていたなみじは、箪笥の奥が二重になっている所から隠されていた布を発見する。それはなみじが里子に出されたときに身に着けていたものと同じものだった!! 橋立花魁はなみじの本当の母親なのか!? お江戸の哀歓あふれる日常を描いた、吉原遊女ロマン。感動のフィナーレ!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています