昼と夜の狭間、黄昏の住人たち──モンスター。人間の少女・咲夜はモンスターを束ねるヴァンピーア一家に育てられた。しかし、彼女を疎んじる長老たちから、咲夜は一族として認められるための試練を与えられる。「血の掟に従い、血族を離反した異端者を狩れ」愛銃を手に、咲夜は朽ちた城砦に乗り込むが大ピンチに。そこに助けに現れたのは、十年前に離ればなれになった義兄・アベルで!? 結城光流が贈る、吸血鬼物語、開幕!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川ビーンズ文庫
電子版発売日
2012年08月03日
紙の本の発売
2010年09月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • モンスター・クラーン 黄昏の標的
    通常版 1巻 540円(税込)
    昼と夜の狭間、黄昏の住人たち──モンスター。人間の少女・咲夜はモンスターを束ねるヴァンピーア一家に育てられた。しかし、彼女を疎んじる長老たちから、咲夜は一族として認められるための試練を与えられ...
  • モンスター・クラーン 悠久の盾
    通常版 2巻 540円(税込)
    昼と夜の狭間、黄昏の住人たち──モンスター。目を見た者は石になるというメデューサの首がうめ込まれた秘宝「アテナの盾」が血族の城から盗まれ、時を同じくして住人が石化した村が見つかる。モンスターた...
  • モンスター・クラーン 虚構の箱舟
    通常版 3巻 540円(税込)
    昼と夜の狭間、黄昏の住人たち──モンスター。豪華客船マリー・クリスティーネ号を探る血族のマーメイドが石化状態で発見され、吸血鬼一家の養女、咲夜が調査に行くことに。「この世の災厄」が眠っていると...
  • モンスター・クラーン 迷宮の歌姫
    通常版 4巻 540円(税込)
    昼と夜の狭間、黄昏の住人たち――モンスター。セイレーンの歌姫がトルコで行方不明になった。それを聞き、穏やかな物腰を一変させ邸を飛び出した執事の狼男、ルイ。彼を見送った咲夜だったが、彼女も突如、...
  • モンスター・クラーン 紅涙の弾丸
    通常版 5巻 583円(税込)
    昼と夜の狭間、黄昏の住人たち──モンスター。咲夜の義兄アルベルトは、純血のヴァンピーアとの結婚を血族から迫られる。同時に人間である咲夜も血族にふさわしくないとして、ヴァンピーアの牙を受けろと言...
  • モンスター・クラーン 別離の嵐
    通常版 6巻 604円(税込)
    敵の凶弾を受けて、傷が一向に塞がらないカール。為す術がない咲夜の前に現れたのは、クライスのドクトア・ジーンだった。警戒する咲夜だったが、カールの治療のため、仕方なくジーンについていくことになり!?
  • モンスター・クラーン 黎明の光冠
    通常版 7巻 626円(税込)
    死んだと思われていた母親に、偶然再会した咲夜。しかし、彼女は咲夜に関する一切の記憶を失っていた! 悲痛に暮れる咲夜は、クライスの創始者の元へ連れて行かれるが、そこで衝撃的な事実を知ってしまい!?...

モンスター・クラーン 紅涙の弾丸

Posted by ブクログ 2013年05月07日

咲夜の出生の秘密はいつわかるんだ!
いいところで終わってしまったので、早く次巻が読みたい。

ただ、今回はアルベルトの出番が少なかったのが残念。

このレビューは参考になりましたか?

モンスター・クラーン 黄昏の標的

Posted by ブクログ 2010年10月28日

 待っていました、と言わせてください。また会えて嬉しかったです。

 あと、「ときめくラブよりドンパチのほうが好き」と言い切れるビーンズ文庫読者はここに確実に一人います。(いや思想じゃなくて純粋に好みのジャンルがそうなだけであってリアル暴力はちょっと……)

このレビューは参考になりましたか?

モンスター・クラーン 黄昏の標的

Posted by ブクログ 2013年06月15日

古典表記でなく、平安じゃないのが新鮮だ。

時代設定や各キャラクターの背景とかわかりにくいですが、読んでいくとわかるのかも。いきなり戦闘シーンから始まるのは、この作者にしては新しい始まりかただな、と。でもその後、時間軸通りに話が進んでいくのが物足りなかった。

少女の冒険物語かと思ったら、どうやら生...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

モンスター・クラーン 迷宮の歌姫

Posted by ブクログ 2012年10月26日

執事のルイの恋人を救出に行く話だが、前回のクルーズ船でのクライスのあやしげな実験の謎も解き明かされぬまま、次々と危機に巻き込まれてしまう。

いつも冷静沈着なルイだが、若い頃は相当やんちゃだったとか。
ちょっと見てみたいかも。

クルーズ船で保護されたゴルゴン三姉妹と深い関わりのありそうな少女クライ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

モンスター・クラーン 迷宮の歌姫

Posted by ブクログ 2012年05月27日

トルコ料理が食べたい。おいしそう。ルイの意外な面が覗けた巻。でも、おいしいところ持ってかれてたような気がしちゃうけど。そして、ついにジーン登場。クライン改めジルの話も少し進みそう。

このレビューは参考になりましたか?

モンスター・クラーン 虚構の箱舟

Posted by ブクログ 2012年04月24日

ある意味、骸骨騎士と骸骨馬のためのお話。マイ・ロード。要の「骨だけど。」な地の文にちょっと和んだ。本編ってば豪華客船ときたら、沈没ですよねー的な展開で、えー。レニの正体にも、えー。ゴルゴン三姉妹と謎の少女の謎はまだ少し先まで持ち越されそう。

このレビューは参考になりましたか?

モンスター・クラーン 虚構の箱舟

Posted by ブクログ 2012年04月13日

何だか、ラブ度が増えてませんか、と聞きたくなる1冊でした。
互いが互いの迷惑をかけないためなのか、想いやるだけ。
傍からみたら、らぶらぶですけどね…w

ん? あれ? という事は、貴女は次女? と思ったのですが
どうなのでしょう…?
しかし食卓がすごい事になってます。
冷凍した数々のお菓子、食べたい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

モンスター・クラーン 黄昏の標的

Posted by ブクログ 2012年04月08日

排他的一族の長に育てられている少女は、ある日ひっそりと
彼らの誰かと、義兄を取り戻すために契約をする。
そうして出向いた先は、どう考えても自分を消すためじゃないだろうか、と
勘ぐってしまうような状態で。

お義父さんと、お隣さんののんびり会話が…w
うっかりと日本人が出てきた瞬間、ここは日本と思って...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

モンスター・クラーン 虚構の箱舟

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年01月25日

最初の方はなかなか読み進まなかったんですけど、エクシールのお願いからクリスティーネ号に乗り込んだくらいから、ちょっと面白くなりました。

エクシールに咲夜が自分にとって何かと聞かれたアルベルトが「絶対の女」と答えたところは、ラブ度の薄いこのお話ではちょっとニヤっとしちゃいました。

表紙の二人は、仮...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

モンスター・クラーン 悠久の盾

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年12月17日

2巻目。
咲夜の知らないアルベルトの10年間を知っている、剣の師匠であるトーゴが「アテナの盾」を盗み、逃亡。そんな彼を追うお話となってます。

新キャラトーゴは、結構好きなキャラかもしれませんが、イラストは私の予想とは違ってました。戦国時代の武将だそうですが、いったい誰がモデルなのかは分かりませんで...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?