「鎖国」の文学 【小田実全集】

「鎖国」の文学 【小田実全集】

作者名 :
通常価格 864円 (税込)
獲得ポイント

4pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

1971年から75年にかけて書きつがれた著者渾身の文学論。高橋和巳の死から始まってソクラテスやアリストパネス、三島由紀夫、吉田健一、そして「戦後文学」、プロレタリア文学、さらには当時の流行文学や在日朝鮮人文学をも射程に入れた独自の視点。文学にとって大事なものは、私の「眼」と他者の「眼」をもつこと、文学の行為者は社会を観察する者であると同時に社会から観察されている、そして、「私」と「われら」の関係性を閉鎖的にするのでなく、それを「みんな」に開くことだ。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
小田実全集
電子版発売日
2011年11月04日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

ユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています