篝火の塔、沈黙の唇

篝火の塔、沈黙の唇

作者名 :
通常価格 680円 (619円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

島の灯台に幽閉され、腹違いの兄達の慰みものにされている椿は、敷島子爵家の嫡男として生まれた。しかし生まれてすぐ盲目となったため、家を継げず、今は兄二人に嬲られる日々を送っている。ある日、椿のもとに十左という男がやって来る。十左は椿を救おうとしたとはいえ、椿から父の庇護を奪った男だった。名を隠し椿の世話係となった十左は、兄達に仕込まれた薬で苦しむ椿を慰める。やがて二人は心を通わせ始めるが……!?

ジャンル
出版社
幻冬舎コミックス
掲載誌・レーベル
幻冬舎ルチル文庫
電子版発売日
2011年09月09日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

篝火の塔、沈黙の唇 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年11月28日

    遮断された世界に互いを思い、自分を犠牲にしあう主従モノ。
    受けが兄たちからの責め苦の描写がかなり痛い=キツいので
    (調教描写や流血に慣れた玄上ファンは多分大丈夫)ダメな人もいるかと。

    丁寧に書かれた世界にぐいぐい引き込まれるのは、さすがは玄上さんです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月27日

    【あらすじ】

    島の灯台に幽閉され、腹違いの兄達の慰みものにされている椿は、敷島子爵家の嫡男として生まれた。
    しかし生まれてすぐ盲目となったため、家を継げず、今は兄二人に嬲られる日々を送っている。
    ある日、椿のもとに十左という男がやってくる。
    十左は椿を救おうとしたとはいえ、椿から父の庇護を奪った男...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    【あらすじ】島の灯台に幽閉され、腹違いの兄達の慰みものにされている椿は、敷島子爵家の嫡男として生まれた。しかし生まれてすぐ盲目となったため、家を継げず、今は兄二人に嬲られる日々を送っている。ある日、椿のもとに十左という男がやって来る。十左は椿を救おうとしたとはいえ、椿から父の庇護を奪った男だった。名...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月23日

    まるで、お昼の奥様ドラマを見ているような錯覚に…。すごく読み応えがありました。これは第一印象どうりに購入した私を褒めてやりたくなりました。ぜひぜひ、今後も書いてほしいです。これはサラッとは読めません。かなり時間がかかりました。でも読んでよかった、出会えてよかったと心底思います!!さらに、もしこれを書...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月02日

    維新後、
    複雑な生い立ちにより離島の灯台に幽閉されて異母兄に虐待される、華族の嫡男・椿と、
    没落士族で椿の父に拾われたのちに大罪を犯して灯台に下男としてやってきた十左のお話。

    何がどうというよりまず、
    文章がすごく読みにくい。

    稚拙というか、
    単純に作者さんのこだわりなんだろうなと思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月29日

    かなり痛い話ですけど、脇役の千代が…
    かなり出来た女性なんだけど、鬼気迫る描写ですごかったです。彼女の口惜しさが伝わってきました。引き際の潔さも見事で彼女に椿が幸せになった姿を見届けてあげさせたかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    玄上八絹さんのデビュー作。
    完全に絵買いだったんですけど、思わぬ青田買いな気分を味わいました。
    文章自体は少し硬くて、人によっては様々な表現がいまいち…な人も出てきそうな、割と読む人を選ぶ文体でした。
    話自体はとても切なくて、はかなくて、現代版ラプンツェル(にしては割と殺伐かもしれないけど)を読んで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    えーっと、時代は明治初期ですねー。生花の御曹司が、薬物中毒で離れ小島に監禁されちゃってるお話です。・・・・地味にホロリときた;

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月10日

    勝手に評価》
    嗜虐度★★★★
    切なさ★★★★★
    一途度★★★★★

    【下男×主・無理矢理・切ない・一途】

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年07月20日

    痛くて、痛くて、痛いお話。
    運命に翻弄されるとは、こういった事か?
    十左の心情に揺さぶられる。
    千代の忠誠心に感服。
    異母兄たちからの暴行シーンは…。

    あらすじ
    島の灯台に幽閉され、腹違いの兄達の慰みものにされている椿は、敷島子爵家の嫡男として生まれた。しかし生まれてすぐ盲目となったため、家を継げ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています