警視庁死番係 裁かれざる殺人

警視庁死番係 裁かれざる殺人

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

有能だが、独断捜査を好む問題刑事ばかりが所属していることから、「死番係」と疎まれる、旭警部率いる警視庁殺人班四係。その死番係解体を企てる伊神警視は、罷免理由になりそうな非違があれば報せてほしいと、昇進を餌に辰野巡査部長を狗として送り込んだ。半年後、辰野の古巣上野署管内で殺人事件が起こり、死番係に捜査が割り当てられ…。

ジャンル
出版社
徳間書店
ページ数
362ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

警視庁死番係 裁かれざる殺人 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年04月04日

    期待してなかったのに面白かった。主人公達、それぞれ魅力あるし、犯人も存在感ある。「虚ろなる冤罪」って出てるようだし、それも読んでみよう

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月27日

    非常に面白い警察小説。初めて読む作家だが、面白そうと直感し、徳間文庫の既刊四冊をオトナ買いしたのだ。結果として、直感に間違いは無かった。

    警察小説によくあるキャリアとノンキャリアの構図、真犯人探しの妙が織り込まれ、さらにはマスコミに撹乱される警察が上手く描かれている。

    キャリアの伊神、主人公のノ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月15日

    有能だが、独断捜査を好む問題刑事ばかりが所属していることから、「死番係」と疎まれる、旭警部率いる警視庁殺人班四係。その死番係解体を企てる伊神警視は、罷免理由になりそうな非違があれば報せてほしいと、昇進を餌に辰野巡査部長を狗として送り込んだ。半年後、辰野の古巣上野署管内で殺人事件が起こり、死番係に捜査...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

霧崎遼樹 のこれもおすすめ