アサーション・トレーニング 深く聴くための本

アサーション・トレーニング 深く聴くための本

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

自分の気持ち、考えを相手に率直にその場にふさわしく表現することがアサーションです。でも、コミュニケーションは「伝えること」と「聴くこと」が両輪としてともにバランスよく行われることが必要。そこで、より深く理解しあえるコミュニケーションのために、「聴くこと」に焦点をあてたのが本書です。相手の伝えたいことを聴き、認め、そして伝え返す。本質的で豊かなコミュニケーションは、そこから始まります。シチュエーション別聴き方のコツも満載!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
金子書房
ページ数
192ページ
電子版発売日
2021年10月01日
サイズ(目安)
2MB

アサーション・トレーニング 深く聴くための本 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年05月19日

    アサーションは「言う」と「聴く」の両輪であるという論旨から、特に「聴く」ことに重きが置かれ解説されている。対人関係に悩む一般の方はもちろん、臨床家にもオススメの一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月18日

    アサーティブコミュニケーションにおいて、とくに聴くことに重点をおいた内容。
    アサーティブコミュニケーションの基本的な理論や考え方に基づいてわかりやすく説明されている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月06日

    アサーションの本はほかにも読んだことがありますが、この本は実践向けというよりはアサーションの定義の説明のように思います。
    もう少し、分かりやすく言葉のやり取りを多く書かれていたらもっとよかったです。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年12月07日

    アサーションの両輪は自分のことを表現することと、相手のことをしっかり聴くこと。
    どっちも相当練習しないと難しいなと思った。

    ・自己開示:この人は話してもいい相手か、どのくらい話してもいいか、判断が大事。
    ・自分のことを「少しだけ見せる」という覚悟も必要かも
    ・自分が納得して(立場や状況を)選べてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年07月06日

    相手の話も聞き、自己も主張する。 そのバランスを大事にする。一方的にしゃべるのではなく、理由を述べながら拒絶する。 私は、今まで一方的な拒絶か、無理矢理受け入れていたかという選択をしていた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング